【G大阪】天皇杯決勝へ鍵を握る倉田秋の役割。「守備で頑張るのは当たり前。決定的な仕事にこだわる」

カテゴリ:Jリーグ

下薗昌記

2015年12月31日

4-2-3-1へのシフトで戦術的なキーマンに。

不安定な戦い方を続けていたチームに守備の安定をもたらしたのがトップ下に起用された倉田だった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 チャンピオンシップ準決勝のリターンマッチとなった元日の天皇杯決勝。G大阪にとって、攻守のキーマンとなるのが長谷川健太監督もその存在をことのほか重視する倉田秋だろう。
 
 今季は、切り替えの速さや球際の強さというチームの基本コンセプトを継続。スタメンの基本的な顔ぶれにも変化はなかったが、G大阪はその仕様を確かにマイナーチェンジしていた。
 
 第1ステージでチームが用いたのは昨年の基本布陣だった4-4-2。パトリックの推進力と宇佐美の決定力を前面に押し出した「三冠布陣」でファーストステージも終盤まで優勝争いに食い込んだG大阪だったが、ACLとの厳しい並行日程を戦い、疲弊気味のチームは大きな「欠陥」を見せ始めた。
 
「4-4-2のシステムでは前線が点を決めれば、迫力はあるし、逆に決めきれないと間延びしてリスクがある」
 
 第1ステージで優勝を逃した直後の6月末、長谷川監督は課題を感じ取っていた。
 
 当時、遠藤が再三、口にしていたのが相手ボランチに対するプレッシャーの少なさだった。「あれだけボランチを自由にさせると、ラインも下がらざるを得ない」。
 
 当初は攻撃の変化を付けるオプションのひとつに過ぎなかったはずの4-2-3-1へとマイナーチェンジを図ったのは、あくまでも守備を安定させるのが第一義。その戦術的なキーマンとなったのが倉田だった。
 
「僕だけが走っているわけじゃないし、特別なことはしていない」
 
 シーズン序盤はFWや攻撃的MF、さらにはボランチなど戦況に応じてマルチな働きぶりを見せて来た背番号11の口ぶりはどこまでも謙虚だが、指揮官は東アジアカップで初の日本代表入りを果たしたハードワーカーに絶大な信頼を置く。
 
「あれだけ動ける選手はそうはいない」(長谷川監督)。宇佐美のような決定力や万能性は持たないが、90分間にわたり、相手の起点にプレッシャーをかけ続ける守備力に関しては倉田が断然上だ。スプリント回数や走行距離といった数字上のデータでは表われにくいが、その献身性がチームにバランスをもたらしたのは確かだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ