【日本人欧州組の前半戦通信簿|プレミア&リーガ編】エースの負担を軽減させた岡崎&目に見える結果が欲しい乾

カテゴリ:海外日本人

豊福 晋、松澤浩三

2015年12月31日

大ブレイクしたヴァーディーの負担を軽減させた岡崎。

岡崎は前線からの守備でチームに貢献。プレミアの水にも慣れ始めているだけに、後半戦はFWらしいゴールという結果が欲しい。(C) Getty Images

画像を見る

岡崎慎司(レスター=イングランド)
17試合・3ゴール・0アシスト
評価:○よくできました
 
 リーグ戦17試合に出場して3得点。ドイツ時代の岡崎を知るファン、そして本人としてもゴール数は満足がいくものではないだろう。
 
 しかし、プレミアリーグ参戦1年目なうえ、周囲の期待を良い意味で裏切って首位を快走する今シーズンのレスターで、コンスタントに先発出場を果たしているのは事実。さらに前線からの守備や繋ぎ役をこなし、絶好調の得点王争い1、2位コンビのヴァーディーとマハレズをサポートしている点は評価すべきポイントだ。
 
 だが、このままサポート役だけで1シーズン目を終えるつもりなど、岡崎には毛頭ない。12月19日のエバートン戦では「ミスをしてもいいから前を向くことばかり考えていた。点を取ろうというのが強かったので、本当にそれが実って良かった」と、ゴールに貪欲な姿勢で臨み、今シーズン3点目をゲットした。
 
 シーズン折り返しを目前にしてストライカーとしてのエゴを見せ始めた岡崎の後半戦に大きな期待がかかる。
 
 吉田麻也(サウサンプトン=イングランド)
13試合・0ゴール・0アシスト
評価=×頑張りましょう
 
 開幕戦から4試合はCBで先発出場し、ファン・ダイクが夏の移籍期限ぎりぎりで加入して以降も、主に右SBとして出場機会を得てきた。この序盤は懸念されていた得点に直結する大きなミスもなく、安定したパフォーマンスを見せていた。
 
 しかし、右SBで先発出場した9月20日のマンチェスター・ユナイテッド戦では、GKへの不用意なバックパスをマルシアルに奪われて失点。さらに守備力を買われて先発した11月下旬のマンチェスター・シティ戦でも、前半早々に中途半端なプレーと判断ミスからスターリングにあっさりとボールを奪取されて先制点を献上。チームに悪い流れを呼び込み、90分を通してプレーに冴えは見られなかった。この影響もあってか次節のアストン・ビラ戦では今シーズン初めてベンチ落ちを経験している。
 
 その一方でCBではなくSBとしての出場という弁解の余地もあり、さらに少しずつだがSBの役割も理解し始めている。ロナルド・クーマン監督は、いまだに吉田を貴重な戦力と考えているだけに、後半戦は専守防衛を軸にしたシンプルなプレーを心がけて、指揮官の信頼を取り戻したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ