• トップ
  • ニュース一覧
  • ルカクのチャンス逸が痛恨…インテルはマンCをスタッツでむしろ上回った!決定力不足に泣く【CL決勝】

ルカクのチャンス逸が痛恨…インテルはマンCをスタッツでむしろ上回った!決定力不足に泣く【CL決勝】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年06月11日

xGはインテルがシティの倍だった

88分のルカクの決定機。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月10日に開催されたチャンピオンズリーグ決勝は、マンチェスター・シティが1-0でインテルを撃破。クラブ史上初の欧州王者に輝いた。

 68分にシティのロドリが上げたゴールが決勝点になったが、試合全体のスタッツで見ると、むしろ内容で上回っていたのはインテルだった。『Opta』のデータは以下の通りとなっている。

【試合スタッツ】
xG:シティ0.9・インテル1.8
シュート:シティ7本・インテル14本
枠内シュート:シティ4本・インテル6本
ポゼッション:シティ56%・インテル44%

 最終的にポゼッションはほぼ互角で、シュート関連はむしろインテルが上。さらに、ゴールチャンスの多さを表わすxG(ゴール期待値)は、インテルがシティにちょうど倍の差を付けている。
 
 インテルにとって悔やまれるのは2つの決定機。まず71分のシーンは、フェデリコ・ディマルコのヘディングシュートがクロスバーを叩き、再び詰めたディマルコのヘディングシュートもロメル・ルカクに当たって枠外となった。

 そして、88分はこの日で一番のビッグチャンスだった。右からのクロスをファーサイドでロビン・ゴゼンスが頭で折り返すと、中央でルカクがほぼフリーでヘディングシュート。しかし、相手GKエデルソンに足でセーブされた。

 この2つの決定機のうち、1つでも入っていれば試合は延長戦にもつれ込んでいたはず。今シーズンのCL決勝は、サッカーではありがちな「決定力の差」が試合の行方を大きく左右した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ルカクの痛恨すぎる決定機逸
 
【関連記事】
「信じられないミス。恐ろしい」ゴールまで4M...インテルFWルカクの決定機逸を元英代表が辛辣批判!「どうして外した? 本当に理解できない」
「MOMだろ」大舞台でまたも致命的ミス…「ルカクまじ」「ルカク邪魔」がトレンド入りする事態に
「最悪。敗北に値しない」インテル指揮官がCL敗戦に嘆き!ルカクの決定機逸には「あり得ない」
「UEFAとFIFAよ、よく考えてみてくれ」マンC指揮官ペップ、CL初制覇&3冠達成に歓喜も…休みの少なさを問題視
「エモーショナルだ」悲願達成のマンC、決勝弾のロドリが喜び爆発!「優勝はクラブを大きくしてくれたすべての選手に捧げる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ