• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】イニエスタが神戸を退団…久しぶりの世界的ビッグネームで注目され、間違いなくJリーグに刺激を与えたよ

【セルジオ越後】イニエスタが神戸を退団…久しぶりの世界的ビッグネームで注目され、間違いなくJリーグに刺激を与えたよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年05月26日

よく日本に来てくれた

神戸で5年間にわたり活躍。天皇杯優勝にも貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 イニエスタが神戸を退団する。

 バルセロナで多くのタイトルを獲得し、スペイン代表ではワールドカップで優勝した。2018年の神戸加入時は、Jリーグにとって久しぶりの世界的な大物だったし、桁外れの年俸も含めて大きなニュースになった。

 間違いなくJリーグに刺激を与えたし、プレー面では攻撃的なスキルが抜群で、質の高いパフォーマンスで日本のファンを喜ばせた。よく日本に来てくれたよ。

 一方で、在籍5年間の貢献度は、細かく分析する必要があるかな。神戸への注目度は高まったけど、クラブの強化やJリーグの盛り上がりといった点では、少なからず疑問が残る。

 神戸にもたらしたタイトルは天皇杯のみで、Jリーグの優勝は果たせなかった。バルセロナとの違いに苦しんでいるように見えたし、神戸としてもイニエスタの守備での貢献度の低さに伴う負担が大変だったのではないか。

 今季は年齢や怪我などがあったのかもしれないけど、スタメンが無かった。あれだけの世界的な選手がJリーグで出場機会に恵まれないのは、考えにくい。
 
 かつてのジーコやドゥンガのように、クラブを常勝軍団に成長させる活躍ができたとは言い難いか。ドゥンガのような統率力はあったか? こればかりは本人の性格によるものだから仕方ないとは思うけど、チームを引っ張り上げるところまでは行かなかったんじゃないかな。

 残念だったのが、神戸がイニエスタを獲得した際に、他のクラブが追随しなかった点だ。

 バルサとマドリ―や、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドのようなヨーロッパのビッグクラブは、ライバルチームが大きな補強をすれば、対抗しようとする。サウジアラビアでも、クリスティアーノ・ロナウドを獲得したクラブのライバルがメッシを獲ろうとしたという報道があった。

 もちろん、これについては、イニエスタに責任はない。ただ、Jリーグの勢いのなさが浮き彫りになってしまっていたよね。

 イニエスタが抜ける神戸は、若い選手が一生懸命走るサッカーで首位に立っている。ビッグネームがいなくなった途端にJリーグ初優勝となると、ファンはどう捉えるのかな。

【著者プロフィール】
セルジオ越後(せるじお・えちご)/1945年7月28日生まれ、77歳。ブラジル・サンパウロ出身。日系ブラジル人。ブラジルではコリンチャンスやパウリスタなどでプレー。1972年に来日し、日本では藤和不動産サッカー部(現・湘南ベルマーレ)で活躍した。引退後は「さわやかサッカー教室」で全国を回り、サッカーの普及に努める。現在は解説者として、歯に衣着せぬ物言いで日本サッカーを鋭く斬る。

【PHOTO】アンドレス・イニエスタが涙ながらに神戸退団を報告…!会見場には大迫、武藤らチームメイトも集結

【PHOTO】スタジアムを華やかに彩るヴィッセルセレイアを特集!
【関連記事】
「慎ましい暮らし」「質素な日本車」退団発表のイニエスタ、母国メディアは神戸での生活に注目「誰もが驚いたが…」
神戸退団のイニエスタ、現役続行に意欲。次なる新天地はどこになるのか?「正直に言いますと…」
「ポジティブなことしか思い浮かばない」神戸を去るイニエスタがJリーグの未来に期待! 常にベストの状態を要求される環境に感謝
「平和をもたらしてくれた」イニエスタ妻アンナさんが日本での“驚き”を告白「澄んだ空気と人々が移動するときの静けさ」
「普通に公園いるんか…」初来日から4年経過のイニエスタ、日本の風景に溶け込む家族集合ショットに反響!「今でも信じられない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ