• トップ
  • ニュース一覧
  • 【採点寸評|鹿島】6戦連続クリーンシート勝利ならず。モヤモヤした感情をぬぐえないままのドローに[J1第14節 鹿島1-1FC東京]

【採点寸評|鹿島】6戦連続クリーンシート勝利ならず。モヤモヤした感情をぬぐえないままのドローに[J1第14節 鹿島1-1FC東京]

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年05月21日

「選手たちには、自分たちに目を向けてしっかりプレーしようと伝えた」

【警告】鹿島=なし FC東京=安部(45分)、塚川(78分)、東(88分)、アダイウトン(90分)【退場】なし

画像を見る

 Jリーグは5月20日、J1第14節の鹿島アントラーズ対FC東京を開催。両者譲らず、1-1の痛み分けに終わった。
【PHOTO】鹿島の出場16選手&監督の採点・寸評。先制ヘッド弾の垣田を最高評価。名古は細かいミスが少なくなく…
 鹿島が幸先よく先制。6分、左サイドの敵陣深くでボールを受けた安西幸輝が、鋭いクロスを供給すると、これに反応した垣田裕暉がヘディングで合わせてネットを揺らした。

 FC東京も反撃に出る。28分にペナルティエリア内でディエゴ・オリヴェイラが関川郁万に倒されてPKを獲得。これをキッカーのD・オリヴェイラがゴール右下に流し込み、同点に追いついた。

 その後も一進一退の攻防が繰り広げられるなか、お互いにチャンスを決め切れず、このまま終了。鹿島の連勝は5でストップ、FC東京は2戦負けなしとなった。
 
▼鹿島のチーム採点「6」
 クラブ史上初となる6試合連続のクリーンシート勝利を目ざしたが、その夢がもろくも絶たれた。立ち上がりの6分、アカデミー出身FWの垣田裕暉が素晴らしいヘッドを叩き込み、先手を取るも28分に振り出しに戻された。

「(不可解な判定による)PKを決められ、少し動揺したところがあったが、選手たちには審判に目を向けるのではなく、自分たちに目を向けてしっかりプレーしようと伝えた。選手同士で声を掛け合っていたし、大きく崩れなかったのは良かったこと」(岩政大樹監督)

 6連続クリーンシートは途絶えたものの、6連勝がかかる鹿島は最後まで攻め立てた。しかしFC東京の牙城を切り崩せずに終わった。負けたわけではない。だが、モヤモヤした感情をぬぐえないままのドロー決着となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【厳選ショット】ホームゲーム通算入場者数900万人達成も、決定機作れずドロー決着…|J1第14節 鹿島1-1FC東京

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【関連記事】
「ものすごいコラボ来た!」ジーコ&木梨憲武、国立で再会を果たした豪華2ショットに反響!「ノリさん変わらず若いなー」
「主審を睨むなんて伝説に残る」鈴木優磨のゴールパフォが中国でも話題!「バロテッリに似ている」「セレブレーションで怒るのは名場面」
「鈴木優磨みたいなやつばっかり(笑)」内田篤人が明かすサッカー選手の支払い事情。金額は「ゲスすぎて言えない」
「つえーし、うめーし、はえーし」酒井高徳が3連覇時代の鹿島FWに衝撃!「この人、やべーなって。獣みたいだった」
「こんな技術高いんだと…」大迫勇也が衝撃を受けた“天才ドリブラー”は? J歴代ベストイレブンに選出で「イニエスタと見てみたい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ