• トップ
  • ニュース一覧
  • 【採点寸評|名古屋】無敗記録が9試合でストップ。決定機をほとんど作れず…[J1第13節 鹿島2-0名古屋]

【採点寸評|名古屋】無敗記録が9試合でストップ。決定機をほとんど作れず…[J1第13節 鹿島2-0名古屋]

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年05月14日

先制を許したCKへの対応が悔やまれる

【警告】鹿島=土居(67分)、佐野(88分)、D・ピトゥカ(90+2分) 名古屋=なし
【退場】なし

画像を見る

[J1第13節]鹿島2-0名古屋/5月14日/国立競技場

 Jリーグは5月14日、J1第13節の5試合を各地で開催。国立競技場では鹿島アントラーズ対名古屋グランパスが行なわれ、鹿島が2-0で勝利した。
【PHOTO】名古屋の出場16選手&監督の採点・寸評。ユンカーのチャンスメイクが印象的。永井は背後を取る回数が少なく…
 鹿島は12分、CKの場面で鈴木優磨がネットを揺らすも、エリア内で鹿島側のファウルが認められて得点は取り消しに。だが29分、今度はスコアボードを動かす。同じくCKから鈴木がヘディングシュートを叩き込み、リードを奪う。

 迎えた後半、鹿島は名古屋の反撃に粘り強く対抗しながら、84分に追加点。途中出場の知念慶が相手GKと1対1の絶好機を決めきれなかったが、直後にルーズボールを収めた知念が左足を振り抜き、豪快な一撃を突き刺した。

 敗れた名古屋はキャスパー・ユンカー、永井謙佑、マテウス・カストロら強力なFW陣が沈黙。3節・サガン鳥栖戦(0-1)以来の黒星に。鹿島は怒涛の5連勝を飾った。
 
▼名古屋のチーム採点「5.5」
 決して圧倒されたわけではなかったが、ゴールが遠く、リーグ戦では3月4日に行なわれた第3節のサガン鳥栖戦(0-1)以来、約2か月ぶりの敗戦となった。

 守備では、相手に崩される場面がほとんどなかった。中谷進之介を中心とした3バックは相手FWとの競り合いを制し、稲垣祥と米本拓司の両ボランチも広い範囲をカバーし続けた。それだけに、鈴木をフリーにしてしまい相手に先制を許したCKへの対応は悔やまれた。

 一方、攻撃では決定機をほとんど作れず、苦しんだ。鹿島の対策によって森下龍矢と内田宅哉の両ウイングバックは突破が上手くいかず、マテウス・カストロがさまざまなポジションから打開を図ったが、狙い通りにはいかなかった。

 連続無敗は9試合で止まったが、順位は3位をキープ。次節もホームで同じく3位タイのサンフレッチェ広島との上位対決となる。切り替えは上手くいくのか、注目したい。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】鹿島の出場16選手&監督の採点・寸評。ポジショニングの良さが光った優磨。関川は身体を張ったディフェンスを披露

【PHOTO】Jリーグ30周年記念アンセム「大団円 feat.ZORN」を国立競技場で初披露したRADWIMPS×ZORN!
 
【関連記事】
「なかなか自分たちの形を作れず…」名古屋の長谷川監督がリーグ戦10試合ぶり黒星を悔やむ。鹿島戦後に挙げた課題は?
「テンション爆上がり」鹿島対名古屋のスペシャルマッチ、下田恒幸実況の“前口上”が話題!「目を瞑って聞きたい」
【採点寸評|鹿島】マテウス封じが成功! 交代策もハマり5連勝を達成[J1第13節 鹿島2-0名古屋]
ジーコ!ストイコビッチ!国立開催の鹿島×名古屋、懐かしの映像に会場が大盛り上がり!【Jリーグ30周年記念スペシャルマッチ】
「強すぎだろ」“絶好調”鹿島の5連勝&5戦連続クリーンシート達成にファン大興奮!「優勝争い絡んでいきそう」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ