• トップ
  • ニュース一覧
  • 「残念なことにいまも彼の帰還を待ち続けている」パフォーマンスが一向に上がらないバルサの10番が崖っぷちに

「残念なことにいまも彼の帰還を待ち続けている」パフォーマンスが一向に上がらないバルサの10番が崖っぷちに

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2023年03月29日

今夏売却の筆頭候補に

アンス・ファティはかつての輝きを取り戻せぬままバルサを去ることになるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 アンス・ファティが崖っぷちに追い込まれつつある。今夏に余剰戦力の売却が不可欠と指摘されるバルセロナで、フェラン・トーレスとともにその筆頭候補に名前が挙げられ、ルイス・デ・ラ・フエンテ監督就任後初となるスペイン代表のメンバーから外れたことも、当然のことのように受け止められている。

 バルサでは相変わらず途中出場がメインとはいえ、コンスタントに出番を得ているここ数週間も、ふてぶてしささえ感じさせた怪我をする前のパフォーマンスからは程遠く、ラ・リーガ制覇に向けて快進撃を続けるチームの勢いに乗ることができていない。

 そんなアンス・ファティの復活に疑問を投げかけるのが、『アス』紙の前編集長でスペインメディアの重鎮、アルフレッド・レラーニョ氏だ。自身のコラムで次のように見解を述べている。

「アンス・ファティが怪我により虚空への旅に送り込まれたのは随分前のことだが、残念なことに我々はいまなお彼の帰還を待ち続けている」

「もはや治療法の選択で繰り返しつまずいたことは疑いようがなく、その決断の是非を問う声に対して、慎み深いベールがかけられている。以前の状態に戻ってほしい――。年月が経過するたびに、その我々の願いが叶う可能性は低くなっている」
 
 先日、同じく10代で華々しくデビューしながら、バルサを退団した後、長く放浪生活を余儀なくされたボージャン・クルキッチが静かにスパイクを脱いだ。バルセロニスタの間では、彼のキャリアにアンス・ファティを重ね合わせる者も少なくない。

 昨年1月、左足大腿二頭筋を損傷した際に、クラブから手術を勧められながら、保存治療を選択したことが果たして良かったのかという疑問が横たわる。ここから復活を期すのか、それとも下降線を描いたままなのか。

 一向にパフォーマンスが上向かない現実を目の当たりにして、スペインでは日増しに悲観論が高まっている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「クボを維持するのは難しい」久保建英が引き抜きなら…ソシエダは“後釜”にフランス代表MFを希望と現地報道!「後継者を明確にした」
久保建英はなぜコロンビアFWのファウルに激昂したのか「普段は突っかかるような自分じゃない」
「日本が好きだ」トッテナムのコロンビア代表DFに直撃!森保ジャパンと対戦した印象は?「スピードのある選手が多くペースを掴まれた」
「パリを震えさせる」CL敗退でPSGが崩壊の危機か。“早退騒動”に続き、メッシがバルサ復帰に傾くと現地報道!「状況は大きく変化した」
「決めなかったら、ダビドは僕を殺すところだった」“外しまくって”決勝弾の久保建英、絶妙アシストのシルバに感謝!「個人的に彼に多くの借りがある」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ