• トップ
  • ニュース一覧
  • 「4-2-3-1からスタート」。森保監督がウルグアイ戦のシステム構想を説明。戦術の鍵は「素早い攻め」

「4-2-3-1からスタート」。森保監督がウルグアイ戦のシステム構想を説明。戦術の鍵は「素早い攻め」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年03月23日

サッカーのセオリーで絶対に持たないといけない部分とは?

ウルグアイ戦に向けて前日会見をした森保監督。起用システムについても言及した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2023年3月23日、ウルグアイ戦に向けた日本代表の前日会見が行なわれた。準備期間がかなり限られた中、戦術の落とし込みもままならないだろうと容易に想像がつく状況下でも、森保監督はまず「ホームなので勝利を目指して戦いたい」と力強くコメントしている。

 現時点でのシステム構想については「4-2-3-1からスタートする」と明言。もっとも、今後の基本形が4-2-3-1になるという意味ではなく、あくまでウルグアイ戦に限った話だ。

 森保監督は「これまで我々が積み上げてきたものを持ちながら、新しいものを作る気持ちを忘れないでやっていく」とも話しており、ひとつのシステムにこだわるスタンスではない。つまり、ウルグアイ戦で4-2-3-1システムが噛み合わなければ、試合途中から3バックを採用する可能性もあるわけだ。

 戦術面に目を移せば、指揮官が強調したのは「素早い攻め」だ。「(速攻は)サッカーのセオリーで絶対に持たないといけない部分。ボールを握るところが先行しすぎて、素早く攻めることを忘れてはいけない。試合をコントロールするのは理想としてレベルアップしていきたいですが、同時に相手が嫌な攻撃もやっていきたい」。
 

 これまで通りのことをなんとなくやるのではなく、確かな目的を持ってチャレンジする。それが森保監督の根本にあるスタンスなのだろう。

「確認作業をしながらスタッフと選手と作り上げる。選手間でもこれまで通りではなく、良いコミュケーションをとってもらって絵を合わせる。新たなものを作るということも忘れてはいけない」

 ワールドカップで敗れた教訓を生かして、どんなサッカーを見せてくれるのか。“柔軟性の重要性”も示唆した森保監督のリスタートに期待したいところだ。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

【PHOTO】日本女子代表ユニホーム発表会で選手にエール!司会を務めた日向坂46・影山優佳を大特集!

【PHOTO】注目の三笘薫はスタメン入り!ウルグアイ戦に向けて前日練習を行った日本代表!

【PHOTO】三笘薫や鎌田大地らが合流!ウルグアイ戦へ向けトレーニングを開始した日本代表を激写!!
【関連記事】
「ミトマは先発で起用する」森保監督がウルグアイ戦の三笘薫スタメンを明言!W杯で全て途中出場だった理由も明かす
「日本にはほとんど負けたことがない」中国代表レジェンドの“虚偽発言”が母国で炎上!「実情は6戦4敗だ」「大ホラ吹き」
「皆さんは知らないと思うので、海外の選手だと…」三笘薫が幼い頃に憧れた名手は?「ドリブルを真似していた」
「ナカイのトップ昇格は難しい」今季2試合で5分…中井卓大の“リアルな評価”をマドリー番記者に訊いた「有力なのは日本帰還だ」【現地発】
「継承とか泣いちゃうよ」森保J初招集のバングーナガンデ、FC東京の先輩・長友佑都がつけていた“5番”決定にファン歓喜!「ポイチさんも粋なことを」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ