• トップ
  • ニュース一覧
  • 1年間でスタメンは1試合のみ…井手口陽介の日本帰還を英メディアはどう見た?「リーズ時代と同じ道を辿る」「同胞とは異なり…」

1年間でスタメンは1試合のみ…井手口陽介の日本帰還を英メディアはどう見た?「リーズ時代と同じ道を辿る」「同胞とは異なり…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月08日

「契約が満了する前に移籍する可能性が…」

7日に福岡へのレンタル移籍が決定した井手口。(C)Getty Images

画像を見る

 スコットランドの名門セルティックは2月7日、MF井手口陽介が、J1のアビスパ福岡へレンタル移籍すると発表した。

 2022年1月に、ガンバ大阪からセルティックに加入した井手口は、初先発のカップ戦で悪質なタックルを受けて負傷し、いきなり約1か月の戦列離脱を余儀なくされた。復帰後もスタメン出場はなし。古橋亨梧や、“同期入団”の前田大然、旗手怜央が躍動するなか、蚊帳の外の状態だった。

 捲土重来を期した今季も、プレシーズンで負傷し、開幕に間に合わず。戦線復帰した後もベンチ外が続いていた。

 結局、1年間で先発はわずか1回で移籍となった井手口について、スコットランドを拠点とする英国紙『Daily Record』は「パークヘッドでの印象に残せなかったため、1年間のローン契約でセルティックを退団した」と伝えた。

「日本人MFは、グラスゴーに到着してからわずか1年余りで、アビスパ福岡、J リーグに戻って行った。彼の同胞とは異なり、イデグチはインパクトを与えるのに苦労し、負傷と中盤のポジション争いのために出場機会が制限された」
 
 記事は、「アーロン・ムーイが8月にフリートランスファーで加入し、このオーストラリア人の好調により、序列をさらに下げた井手口にとって、トモキ・イワタ(岩田智輝)の獲得は、元リーズの男にとって最後通告を意味した。 彼のセルティックでのキャリアは現在、(リーズの本拠地)エランド・ロード時代と同じの道を辿っている」と続け、こう締めくくっている。

「イデグチとセルティックの契約は2026年まで続く。しかし、このレンタル期間が終了した後も彼の出場時間が大幅に増加しない場合、契約が満了する前に移籍する可能性がますます高まっているように思われる」

 二度目の海外挑戦でも壁にぶち当たった井手口。まずは福岡での復調に期待がかかる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】足首が曲がるほど踏まれた井手口は転倒。セルティックでのキャリアを狂わせた危険なタックル

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 
【関連記事】
「悲しい。出番を与えられなかった」井手口陽介の福岡移籍にセルティックサポは同情!「恐怖のタックルのせいで…」
「覚悟を持って戦います」セルティックMF井手口陽介が福岡へ期限付き移籍! 背番号は『99』に決定
三笘躍動のブライトン、英メディア選定の欧州クラブ「パワーランキング」でなんと初のトップ10入り!「チェルシーがミトマに160億円のオファーをするのはいつ?」
次の古橋や旗手は? “スコットランドのクラブがチェックすべきJリーグの5選手”を地元メディアが紹介!「昨季最大の驚き」「川崎の中盤の要」「足技に優れた守護神」と評されたのは?
セルティック岩田智輝の現在地。熾烈な争いを勝ち抜くために、自分自身にフォーカス。「シンプルに自分が劣っているから頑張るしかない」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ