• トップ
  • ニュース一覧
  • 香川真司が日本人選手トップ!ベスト5の過半数が“セレッソ勢”…一体何の記録? ファンからは「短期間で清武すごい」の声

香川真司が日本人選手トップ!ベスト5の過半数が“セレッソ勢”…一体何の記録? ファンからは「短期間で清武すごい」の声

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月02日

「越える可能性ありそうな現役選手は鎌田、三笘、久保あたりか」

欧州5大リーグではドルトムントとマンUでプレーした香川。歴代日本人1位の記録を作り上げた。(C)Getty Images

画像を見る

 セレッソ大阪は2月1日、香川真司がベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)から、完全移籍で加入すると発表した。

 日本代表で長年10番を背負い、97キャップ・31ゴールを誇るビッグネームの凱旋に各地で盛り上がりを見せるなか、データサイト『Opta』は「欧州5大リーグにおける日本人選手の得点関与数」ベスト5を発表した。

 1位に輝いたのが香川だ。得点数47、アシスト数34の合計81で、数々のサムライ戦士を抑え、堂々のトップに立った。得点数の内訳は、ドルトムントで41、マンチェスター・ユナイテッドで6となっており、7シーズンに渡ってプレーしたドイツ時代でのものが大半を占めている。

 なお、ベスト5の結果は以下の通り(出場試合数・得点関与数合計/得点+アシスト)。古巣C大阪に復帰するまで、香川とSTVVで共闘していた岡崎慎司を除き、全員が現在は戦いの舞台をJリーグに戻している。

1位 香川真司(186試合・81/47+34)
2位 岡崎慎司(267試合・61/52+9)
3位 清武弘嗣(121試合・49/18+31)
4位 乾 貴士(241試合・43/23+20)
5位 大迫勇也(181試合・42/26+16)
 
 この結果を受け、ファンからは続々と感想や意見が集まっている。様々な発見があったようだ。

「やっぱ偉大だな」
「香川が日本人の最高到達点と言われるのも納得出来る圧倒的数字」
「香川もすごいけど清武がすごい」
「こう見てみるとあの短期間で清武すごい」
「半分以上セレッソやん」
「安心安全のセレッソ産」
「越える可能性ありそうな現役選手は鎌田、三笘、久保あたりか」

 それぞれブンデスリーガ、プレミアリーグ、ラ・リーガを舞台に活躍する鎌田大地、三笘薫、久保建英をはじめとしたホープは、今後も目に見える数字を残し続け、偉大な先達の記録を塗り替えられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「司令塔として洗練されてる」「相変わらず上手い」J復帰!香川真司のプレー集

【動画】香川真司が親友・坂本勇人の2000本安打達成を祝して披露したキャッチボール姿

【画像】香川真司&小栗旬の「素敵ツーショット」
【関連記事】
「間違った選手を出した」マンUレジェンドがリバプールの“失態”を強調!マネの代わりに手放すべきだったと考える選手は?
「ユナイテッドに来てくれ!」「ようこそ」鎌田大地のSNSにマンUサポから“オファー”が殺到!しかしクラブが獲得したのは…
「頭おかしい」危険なプレーで伊東純也を削ったパリSGのヴェッラッティに批判殺到!「彼にタックルを禁止させるべきだ」
ローマと関係破綻の伊代表ザニオーロが窮地!拒否していたボーンマス移籍を受け入れるも態度が問題視され破綻。結局残留も構想外扱いか…
「年俸は史上最高額だ!」67歳トルシエのベトナム代表監督就任が秒読み! 報酬は“日本嫌い”だった前任者の3倍超えとも

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ