• トップ
  • ニュース一覧
  • 「40までやるっていったじゃん」子どもたちにツッコまれるも、藤本淳吾が引退を決めた理由「そういうタイミングなのかな」

「40までやるっていったじゃん」子どもたちにツッコまれるも、藤本淳吾が引退を決めた理由「そういうタイミングなのかな」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年01月12日

「葛藤はゼロではなかった」

昨季限りで現役を退いた藤本。1月12日に引退会見が行なわれ、家族の名前が入った特性のスパイクが送られた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 1月12日、元日本代表MFの藤本淳吾が現役引退記者会見を実施。昨季限りで17年間のキャリアにピリオドを打った理由について語った。

 SC相模原がクラブ初のJ2を戦った2021年シーズンの開幕直後、37歳を目前にしていた藤本は「40歳までやりたい」と意欲を燃やしていた。

 ただ、見定めていた年齢に達する前に、藤本はスパイクを脱ぐ決断を下す。現役続行への想い、葛藤はなかったのか。

「葛藤はゼロではなかった」。ただ、歳を重ねながらセカンドキャリアも意識していた。現役を退いたら、自分は何をやりたいのか。「サッカーに携わるのはもちろんなんですけど、自分はやっぱり監督をやりたい、目ざしたいっていう気持ちをずっと持っていた」。

 そして22年シーズンで相模原を退団。「そういうタイミングなのかな」と決心する。

「一度、相模原のチームメイトと話をしたんですよ。S(級ライセンス)を取ってもすぐ監督になるわけじゃないし、だいたい何年ぐらいかかるかな、って。同世代や年代が近い人たちが監督をやっているなかで、50歳手前ぐらいから監督になると考えたら、遅いかなと思った」

 監督になる――明確な目標がある。「指導者としてスタートを切りたかった。だから、すごく葛藤したわけでもなかった。悔いはない」と明かす。
 
 これまで手厚いサポートをしてくれた妻には「やり切った」と伝えた。子どもたちからは「『40までやるっていったじゃん』『なんで辞めるの?』とツッコまれた(笑)」という。

 ただ、仮に現役を続けたとして、新天地はどこになるか分からない。「今の家から、自分1人で行ったりとかも考えた。それよりも、家族と一緒に生活するほうがいいかな」という想いも、引退を決めた理由の1つだ。

 次のステージは、古巣である横浜のスクールコーチだ。清水、名古屋、G大阪、京都、相模原と6クラブに在籍し、日本代表でも活躍したレフティが、豊富な実績と経験をもとに子どもたちを指導する。新たな道を行く藤本の今後に期待したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
 
【関連記事】
現役引退の藤本淳吾、「自分らしいサッカー人生を送れた」なかで、心残りがあるとすれば? セカンドキャリアは指導者の道へ
堂安律が引退を発表した藤本淳吾へメッセージ「フローニンゲンで25番つけたの思い出します」
「勝手に辞めればいいし、納得していない」本田圭佑、電撃引退の“盟友”槙野智章にまさかの言葉!「イライラしてきた」
「ゴラッソ製造機」現役引退のベイル、マドリー時代のゴール集に脚光!「理不尽の塊すぎて笑う」
ベガルタ一筋MF富田晋伍が現役引退を発表。クラブ歴代最長在籍18年「自分のプレーから何かを感じていただけていたら…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ