• トップ
  • ニュース一覧
  • 現役引退の藤本淳吾、「自分らしいサッカー人生を送れた」なかで、心残りがあるとすれば? セカンドキャリアは指導者の道へ

現役引退の藤本淳吾、「自分らしいサッカー人生を送れた」なかで、心残りがあるとすれば? セカンドキャリアは指導者の道へ

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年01月12日

「家族の支えがあって、長く続けてこれた」

引退会見を実施した藤本。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2022年シーズン限りで現役を退いた藤本淳吾が1月12日、引退会見を実施した。

 藤本は桐光学園から筑波大に進学し、卒業後の2006年に清水エスパルスに加入。プロ1年目から「10番」を背負い、28試合・8得点の成績で新人王に選ばれた。

 以後は清水の中心選手として活躍し、11年に名古屋グランパスに移籍。同年に2年連続でベストイレブンに選出された。14年に横浜F・マリノス、16年にガンバ大阪、19年夏に京都サンガF.C.に新天地を求め、20年の夏にSC相模原の一員となり、約2年半、在籍した。

 日本代表では清水時代の07年にデビューを飾り、2011年のアジアカップ優勝を経験するなど、13試合・1得点の成績を残した。
 
 自慢の左足を武器に、抜群のテクニックと高精度のキックで魅せたレフティが、17年間のキャリアに終止符を打った。会見で藤本は「家族の支えがあって、ここまで長く続けてこれた」と感謝を伝え、「自分らしいサッカー人生を送ることができた」と語る。

 心残りがあるとすれば、クラブで「タイトルを獲れなかったこと。2位が多くて悔しかった」。ただ、そうした想いも、セカンドキャリアで活きるはずだ。次のステージは、横浜のスクールコーチとして指導者の第一歩を踏み出す。

 将来的には監督を目ざす藤本。「いろんな方から勉強して、指導者として成長していきたい」と先を見据えた。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
 
【関連記事】
「勝手に辞めればいいし、納得していない」本田圭佑、電撃引退の“盟友”槙野智章にまさかの言葉!「イライラしてきた」
堂安律が引退を発表した藤本淳吾へメッセージ「フローニンゲンで25番つけたの思い出します」
「素晴らしいゴルファーになるだろう」名将ペップが引退ベイルにまさかの太鼓判!獲得に近づいたことはあるか?との問いには…
ベガルタ一筋MF富田晋伍が現役引退を発表。クラブ歴代最長在籍18年「自分のプレーから何かを感じていただけていたら…」
松田直樹の背中を追って故郷のクラブに。「山雅の流儀」を伝え続けることが託された次なる使命【田中隼磨の生き様|後編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ