「劣等感につながる」森保監督の謙虚な欧州賞賛を米大手メディアがまさかの酷評「日本選手への敬意がない」【W杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年12月01日

「やや混乱を招きかねない」

森保監督の謙虚な発言にESPNが物申した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 スペインとの決戦を前に、手厳しい論評だ。

 米スポーツチャンネル『ESPN』は11月30日、カタール・ワールドカップのグループE第2節でコスタリカに敗れた日本代表の森保一監督について、その姿勢が選手に影響を及ぼしていると報じた。

 初戦で強豪ドイツに2-1と逆転勝利した日本だが、連勝が期待されたコスタリカ戦では終盤の一発で0-1と黒星。ドイツ戦で後半からシステムを変えた手腕を称賛された森保監督だが、先発5人を代えて臨んだコスタリカ戦で敗れ、一転して批判を浴びせられている。

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選

 常に欧州勢への敬意を欠かさない森保監督について、ESPNは「謙虚であり、対戦相手に敬意を示すのは、まったく悪いことではない。日本文化では当然のよく知られた特長であり、実際にヨーロッパは数十年にわたって世界のサッカー界の旗頭だった」と理解を示した。

 そのうえで、「今大会で悲惨だった欧州勢がたくさんあることを考えれば、モリヤスがそのように過剰なまでに一般論とし、欧州サッカーを絶えず賞賛することの大きな問題は、試合が始まる前から負けていると選手が考えるような劣等感につながりかねないことだ」と続けている。

「モリヤスが選手たちにスペインを倒すことはできる、『自分を信じろ』と呼びかけながらも、『我々は追いつこうとしており、まだ学ぶことがたくさんある』と主張するのは、やや混乱を招きかねない。相手を崇拝することで、モリヤスは自軍の選手たちにふさわしい敬意を示せていない。彼が大会に招集した26選手のうち、これまで欧州で戦ったことがないのは5人だけだ」(実際は4人)

 さらに、ESPNは「ドイツを倒したのと同じチームであれば、コスタリカ戦で容易にまた3ポイントを獲得できたはずだ。そうすれば、1試合を残してベスト16進出が決まっていた」と、コスタリカ戦の戦い方を改めて批判した。

「またも相手をリスペクトし過ぎたのか、それとも明らかに自分たちが有利な試合でもリスクを回避しようとするモリヤスのやり方なのか、日本はためらいがちで消極的だった。積極性や発想力に欠け、最終的には81分の不意の一発で、4チームが2枠を争う混戦に引きずり込まれたのだ」
 

【関連記事】
過熱する三笘薫の“スタメン待望論”に本田圭佑が見解!「どうせスペイン戦はかなり厳しい試合になる。だったら…」【W杯】
【スペイン戦のスタメン予想】冨安健洋が強行出場なら右SBを担うか3バックも?三笘薫の先発起用にも期待
「意図が分からない。分かります?」本田圭佑が森保Jのセットプレーに苦言!「僕のは超分かりやすかった」【W杯】
【スペイン代表|日本戦のスタメン予想】ブスケッツ、ガビ、ロドリが欠場?好調のモラタがついに先発か
「不意に激写されてもこの美しさ」長友佑都の妻・平愛梨さん、息子との観戦ショットが話題! 妹の女優・祐奈さんも反応【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ