• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本のように蘇生するチームがあるとは!」名手サネッティが見た森保Jの劇的勝利。「ミュラーやノイアーに引けを取らないレベル」と賞賛したのは? 盟友・長友ではなく…【W杯】

「日本のように蘇生するチームがあるとは!」名手サネッティが見た森保Jの劇的勝利。「ミュラーやノイアーに引けを取らないレベル」と賞賛したのは? 盟友・長友ではなく…【W杯】

カテゴリ:日本代表

リカルド・セティオン

2022年11月27日

「自信こそが彼らに足りなかったピースでだった」

アルゼンチン代表として活躍したサネッティ氏。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツに対する日本の勝利は、世界中に驚きをもたらした。それはサッカー界のレジェンドたちにとっても同じだ。私はかつてワールドカップのピッチで活躍した選手たちに連絡をとり、率直な感想を聞いてみた。

 現在、現役時代に活躍したインテルで副会長を務める元アルゼンチン代表のハビエル・サネッティは、日本の勝利には、前日にアルゼンチンを破ったサウジアラビアの影響も大きかったのではないかと見ていた。

「日本はサウジアラビアがアルゼンチンを破るのを見て、多分ある種の自信を得たんじゃないかな。強豪チームでも破ることができる。その自信こそが彼らに足りなかったピースでだったのだと思う」
 
 そう切り出したサネッティは「とてもいい試合だった。ドイツには私もよく知っている優秀な選手が大勢いて、最初はゲームを支配していた。日本はドイツを恐れ、守備に徹し、とにかくゴールからボールを遠ざけるのが精いっぱいだった」と話し、こう続けた。

「私はこのまま試合が終わるのだろうなと思っていた。ところが、後半の日本はまるで別のチームだった。彼らは積極的に動き、攻撃し、まるで息を吹き返したかのようだった。これほど蘇生するチームがあるなんて本当に興味深い」

 インテル時代には長友佑都とチームメイトだった名手は、「ドイツに0-1のビハインドをしていながら、逆点できた最大の鍵はハーフタイムのロッカールーム、つまり監督にあったと思う。後半の日本は自分たちを信じ、チャンスを作り、何より強い信念を感じさせた。何が何でも勝ってやるという気迫を感じた」と日本を称えた。

「一方、後半のドイツは混乱していた。彼らも前半よりよく攻め、ゴールにも近づいたが、しかし日本人の方は彼等よりずっとうまく立ち回った。この試合を見る限り南野(拓実)、前田(大然)、それからキーパーの権田(修一)。彼らは(トーマス)ミュラーや(イルカイ)ギュンドアン、(マヌエル)ノイアーに引けを取らないレベルの選手だった」

取材・文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

【著者プロフィール】
リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
【関連記事】
「ほぼ平愛梨やった」FIFA国際映像に映ってフォロワー急増の美女サポが話題!「めっちゃかわいい」【W杯】
「とりあえず落ち着いて」本田圭佑が長友佑都の“ブラボー”に意見!「あれをいじる奴が代表内にいないのか…」【W杯】
「性格悪い。バカにしたような走り方」本田圭佑、ドイツ代表DFの行為に苦言!【W杯】
海外大手紙がGS第1戦のベスト11を発表! 日本代表から堂々選出されたのは? 浅野でも堂安でもなく…【W杯】
「日本が上だった。後半の戦術は完璧」なぜドイツは森保Jに敗れたのか。元独代表主将マテウスに直撃!印象に残った選手は?[現地発]【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ