レバンドフスキが涙のW杯初ゴール!ポーランドが2-0で今大会初勝利!敗れたサウジは再三のチャンスを活かせず【W杯C組】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年11月27日

82分にパスミスを突いて左足でゲット

レバンドフスキが自身W杯初得点を決めた。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月26日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(C組)第2節で、ポーランド代表とサウジアラビア代表がルサイル・スタジアムで対戦。

 初戦、ポーランドはメキシコと0-0で引き分けて、1分の勝点1、サウジアラビアはアルゼンチンに2-1で勝利し、1勝の勝点3で、2戦目に臨んだ。

 序盤から互いに縦に速い攻めを仕掛け合う展開で、最初に得点機を迎えたのがサウジアラビア。13分に、カンノが縦への突破から右足を振り抜いたが、相手GKシュチェスニーが弾き出した。

 対するポーランドは25分、右サイドで得たCKにピエリクが頭で合わせゴールの枠を捉えたが、アル・シェハリに身体を張って阻止された。

 そんな展開のなか、先制点が生まれたのは39分。ポーランドは右SBキャッシュが前進してクロスを上げる。飛び込んだレバンドフスキのシュートは阻まれたが、こぼれ球を即座に収めて折り返すと、反応したジエリンスキがゴールに流し込んだ。

 45分、ポーランドはPKをとられたが、キッカーのアル・ドサリのシュートをシュチェスニーが見事にセーブ。ポーランドの1点リードで前半を折り返した。
 
 後半、最初に決定機を迎えたのがサウジアラビア。55分にアル・ドサリが左サイドからグラウンダーのクロスを入れるとゴール前で混戦となり、最後はアル・ドサリがシュートを放ったが、シュチェスニーが阻止した。

 さらに、サウジアラビアは60分にもパスワークでつなぎ、アル・ドサリの縦パスに反応したアル・ブライカンがシュートを放ったが枠を捉えられず。直後の61分にはカンノが右足を振ったが、ゴールネットを揺らせなかった。

 対するポーランドは63分にフランコフスキのクロスに合わせたミリクがヘディングシュートを放ったが、ゴールバーに直撃。さらに66分にはレバンドフスキがクロスに左膝で合わせたが、ゴールポストに当たって得点はならなかった。

 そのなかで追加点を奪ったのはポーランド。82分に相手のビルドアップのミスを突いて、ゴール前でボールを奪ったレバンドフスキが左足でゴールに流し込んだ。自身にとってこれがワールドカップ初ゴール。世界屈指のストライカーの目には光るものがあった。

 試合はそのまま終了し、2-0でポーランドが今大会初勝利。サウジアラビアは連勝とはならなかった。

 次節は勝負の最終節、現地時間30日にポーランドはアルゼンチン、サウジアラビアはメキシコと相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】レバンドフスキのワールドカップ初ゴールをチェック!※投稿の白地部分をクリック

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!
【関連記事】
レバンドフスキ、涙のW杯初ゴールにファン反響!「泣いてるやん」「ちょっとうるっときた」【W杯】
「ほぼ平愛梨やった」FIFA国際映像に映ってフォロワー急増の美女サポが話題!「めっちゃかわいい」【W杯】
海外大手紙がGS第1戦のベスト11を発表! 日本代表から堂々選出されたのは? 浅野でも堂安でもなく…【W杯】
「惨敗?5-0で勝ってもおかしくなかった」悪童カッサーノ、森保Jに敗れたドイツを擁護「日本の功績で、落ち度ではない」
「誰かわからんかった」「太りすぎだろ」W杯を観戦する元蘭代表スナイデルの変貌にファン騒然!【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ