• トップ
  • ニュース一覧
  • 【藤田俊哉の目】ホテルに携帯やパスポートを忘れたりするお茶目な森保監督。真面目で勉強熱心な指揮官の名采配にただただ感服【W杯】

【藤田俊哉の目】ホテルに携帯やパスポートを忘れたりするお茶目な森保監督。真面目で勉強熱心な指揮官の名采配にただただ感服【W杯】

カテゴリ:連載・コラム

藤田俊哉

2022年11月26日

いまだに信じられない自分がいる

ビッグサプライズの立役者は、間違いなく森保監督だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・グループステージ第1戦]日本 2-1 ドイツ/11月23日/ハリファ・インターナショナル・スタジアム

「本当にドイツに勝ってしまった」
「ああ、日本はここまで強くなったんだな」

 ドイツ戦の逆転勝利によって溢れ出たアドレナリンを抑えながら、そんなことを思っていたのは私だけではないだろう。

 1998年のフランス大会に初出場して以降、日本は速いスピードで成長してきた。多くの選手たちが海外に挑戦してレベルアップし、ハイレベルなサッカーへの理解度も高くなっているとも感じている。

 それでも――。ワールドカップの出場が夢物語だった頃から、ずっとサッカーボールを蹴ってきた自分にとって、まさかドイツに勝つ日が来るなんて想像もできなかった。歴史的な勝利からしばらく経っても、いまだに信じられない自分がいるのだ。

 ドイツ戦の勝利を受けて、海外の知り合いからも「コングラチュレーション(おめでとう)!」「エクセレント(素晴らしい)!」など、たくさんの祝福の言葉をもらった。

 私は2012年に選手を引退したあと、オランダに身を置いてVVVフェンロやリーズ・ユナイテッドなどで活動を続けてきたが、オランダにいてすごく感じるのが、ヨーロッパにおけるドイツサッカーの存在の大きさだ。
 
 前日に同じく、アジア勢のサウジアラビアが優勝候補のアルゼンチンを破り、サプライズを起こした。しかし、個人的には、日本がサッカー大国のドイツを破った衝撃のほうが数段上だと感じている。

 ドイツの勝負強さは、まさにサッカーの歴史が雄弁に語っている。とりわけ、ワールドカップの歴史においては、特に顕著だ。優勝回数はブラジルの5回に続く2位の4回だが、決勝進出回数(8回)、準決勝進出回数(13回)、ベスト8進出回数(17回)とも、すべてドイツが最多を誇っている。

 メキシコ・ワールドカップの得点王に輝いた、元イングランド代表FWリネカーの「サッカーは、最後にいつもドイツが勝つ競技だ」という言葉を思い出したが、強豪国の一つであるオランダ人さえ、「ドイツの勝負強さには、もはや敵わない……」と口を揃えている。かつてアジアにおいて、日本が韓国に対してそう思っていたように、オランダにとってドイツはトラウマとも言える。

 オランダをはじめ強豪国を苦しめてきたそのドイツを今回、日本は破った。先制される苦しい展開から見事に逆転勝利を収め、ヨーロッパのみならず、世界のサッカー界に衝撃を与えたのである。

【W杯PHOTO】30度を超える炎天下の中…コスタリカ戦に向け元気にトレーニングを行う日本代表!
 
【関連記事】
伊大手紙が日本代表16選手を採点! 「ドイツが怪物にした」と最高評価を受けたのは? 一方で「幽霊」と酷評されたのは…【W杯】
スペインは10点満点、日本は9点!ドイツとコスタリカはまさかの…英紙が初戦消化時点で採点!「衝撃的な結果があった」【W杯】
“ドーハの悲劇”の盟友ラモス瑠偉が、森保監督の解任危機時にかけた言葉とは? 現役時代は「カズ、井原が目立っていたけど…」【W杯】
なぜW杯で番狂わせが続く?海外紙が見解!「日本は“ファンタジーのない兵隊”だったが…」
本田圭佑が“バカにしている”と批判したドイツ代表DFの奇妙な動き、元韓国代表MFも痛烈非難!「無礼だ」「日本には屈辱的」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ