【日本2-1ドイツ|採点&寸評】浅野、堂安が交代出場から歴史に名を残す!!PKで失点した権田も好セーブ連発で劇的勝利に貢献

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2022年11月24日

システム変更が流れを変える

【警告】日本=なし ドイツ=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】浅野拓磨(日本)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・グループステージ第1戦]日本 2-1 ドイツ/11月23日/ハリファ・インターナショナル・スタジアム

【日本代表・総評】

 前半は割り切った戦いを選択。ミドルゾーンに守備網を構築し、ドイツを迎え撃った。序盤は組織だった守備から良いボールの奪い方をしてカウンターを発動。8分の前田のゴールがオフサイドでなければ完璧な立ち上がりだったが……。その後は徐々にドイツに押し込まれ、33分にPKから失点。前半終了時のポゼッション率はドイツの72パーセントに対し、日本は28パーセントだった。

 しかし後半は冨安を投入して3-4-2-1に変更し、前からいく意識を高めると、チャンスを作る。そして75分に、してやったりの同点ゴールを奪うと、83分には浅野が劇的な勝ち越しゴール!! 森保監督の采配も実に光った。ドイツを相手に得た勝点3の価値は非常に大きく、この勝利は日本サッカーの歴史に深く刻まれたはず。ただ勝負はここからだ。

【W杯PHOTO】ハリファ国際競技場に駆け付けた日本代表サポーターを特集!

【個人採点・寸評】
GK
12 権田修一 7

33分に自身が与えてしまったPKで失点。それでも前後半を通じて彼の好セーブがなければ負けていた試合。よく防いだ!!
DF
4 板倉 滉 6.5

吉田とCBを組み、ドイツの攻撃を阻む。前半の終盤など足が止まるシーンもあったが、後半もよく頑張った。浅野のゴールお膳立て。

5 長友佑都 6(57分OUT)
ドイツが左サイド中心の攻撃だっただけに、ニャブリと1対1で勝負する場面は限られ、持ち前の対人の強さを発揮する回数も少なかった。前半終了間際に1本、好クロスは送った。後半は攻撃へ。

19 酒井宏樹 6(73分OUT)
ドイツが左SBのラウムを軸に攻めてきたなか、よく奮闘したが、PKを奪われた場面では中央に釣られてしまった。それでも後半はよく前に出た。

22 吉田麻也 6
身体を投げ出すようなシュートブロックを見せ、チームを鼓舞。失点後には周囲に声をかけるなど劇的な勝利に彼のリーダーシップは欠かせなかったはず。
【関連記事】
「勇敢なるサムライにしてやられた!」大国ドイツに逆転で大金星の日本代表に独メディアが絶句!「驚愕のジョーカーたち…」【W杯】
「信じられないほど弱かった」「恥を知れ!」ドイツ代表、森保ジャパンにまさかの逆転負けで母国ファンは激怒!【W杯】
「衝撃の大どんでん返し!」大国ドイツから大金星の森保ジャパンに英BBCも驚愕!「猛烈なカムバック」【W杯】
「カズとヒデが並んでる?!!」「完全に雑誌のカバーじゃん」日本対ドイツを見守るレジェンド2人にネット沸騰!【W杯】
「なんか、嬉しいです」「泣けちゃう」ドイツ戦を現地観戦する俳優、勝村政信さんの粋な計らいにファン感動【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ