• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ゴールの強奪、茶番だ!」守田英正が頭を抱えて茫然…取り消された“ボレー弾”に現地紛糾!「どうして? 彼は2メートル内側にいたのに」

「ゴールの強奪、茶番だ!」守田英正が頭を抱えて茫然…取り消された“ボレー弾”に現地紛糾!「どうして? 彼は2メートル内側にいたのに」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年11月14日

キャリアハイ更新の今シーズン4点目はならず

CKからの一撃は認められなかった守田。(C)Getty Images

画像を見る

 現地11月13日に開催されたポルトガルリーグの第13節で、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングは敵地でファマリカンと対戦。2-1で勝利を飾っている。

 物議を醸しているのが、幻となった守田のゴールだ。2―0で迎えた62分、CKから味方がヘッドでフリックしたボールをファーサイドでボレーシュート。難しい体勢から見事にネットを揺らしたが判定はオフサイドとなり、守田は茫然とした表情で思わず頭を抱えた。その後のVAR検証でもジャッジは覆らなかった。

 ただ、そのVARの判定にも3分間ほど要したように、オフサイドかどうかはかなり微妙だった。カメラの位置によっては、後ろから飛び出しているようにも見える。
 
 この幻のゴールに現地のファンも紛糾。「このゴールを取り消すのは全くのナンセンス」「映像でラインを見せてくれ」「透明性に欠ける」「ゴールの強奪、茶番だ!」「VAR審判はなんて愚かなんだ」「どうして? 彼は(オフサイドラインの)2メートル内側にいたのに」といった怒りの声があがっている。
 
 キャリアハイ更新の今シーズン4点目とはならなかったものの、先制点に絡むボール奪取を見せるなど、好調を維持している守田。カタール・ワールドカップでの攻守に渡る活躍に期待は高まるばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「全くのナンセンス」「なんて愚かな」と猛批判! 微妙すぎる判定で取り消された守田英正のボレー弾。本人も茫然

【動画】守田のボール奪取が呼び込んだスポルティングの先制ゴール
【関連記事】
「彼はやります」内田篤人が18歳の高校生ストライカーを“激推し”!「名前だけ覚えてください」
「大迫はなんで入ってないんでしょうか」反響を呼んだ内田篤人の森保監督への“直球質問”にはカットされた部分があった!「いきなり言わないよ、頭おかしいでしょ」
「奥さん細い」守田英正がモデル妻・藤阪れいなさん&愛娘との“新本拠地”3ショットを公開!「ひゃぁ、かわいい~!」
久保建英が話題の「髭」と「サングラス」の真相を説明。実は単なる…
「ミトマの得点力と質は素晴らしかったんだ…」絶好調・三笘薫を起用できずに敗れたブライトン指揮官が嘆き!「熱があった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ