横浜が3年ぶり5度目のJ1制覇! エウベル、西村、仲川のゴールで神戸を3-1撃破、連勝で2位川崎の追撃を振りきる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年11月05日

川崎は前半に数的不利も…

横浜が仲川(23番)のゴールなど3発で神戸を撃破。3年ぶりのJ1制覇を果たした。写真:滝川敏之

画像を見る

 Jリーグは11月5日、J1第34節の9試合を開催。横浜F・マリノスがJ1制覇を果たした。

 2022年シーズンの最終節。敵地でヴィッセル神戸と対戦した勝点65で首位の横浜は、勝てば優勝が決まる大一番に挑んだ。

 横浜は26分、水沼宏太のクロスにヘディングで合わせたエウベルがネットを揺らし、先制点を奪うも、前半終了間際の48分に武藤嘉紀に決められ、同点に追いつかれる。それでも53分に獲得したFKをキッカーの水沼が直接狙うと、GKの弾いたこぼれ球を西村拓真が詰めて、ふたたび1点をリードする。

 その後も攻勢に出ると、73分に途中出場の仲川輝人がチームの3点目を挙げる。このまま最後までリードを守り抜き、3-1の勝利で連勝を飾った。
 
 勝点2差(勝点63)で2位につける川崎フロンターレは、味の素スタジアムでFC東京との多摩川クラシコに臨んだ。

 試合は川崎が幸先よく先制。19分、脇坂泰斗がペナルティエリア手前中央からグラウンダーのミドルをゴール右隅に突き刺す。1点をリードしたものの、29分、GKチョン・ソンリョンが得点機会の阻止で一発退場に。数的不利のなか、後半開始直後の47分にアダイウトンのゴールで試合を振り出しに戻される。

 その後も押し込まれる展開が続いたが、61分に敵陣深くでのボール奪取から、最後はマルシーニョが得点を奪う。74分には、アダイウトンに2点目を挙げられ、またしても同点とされたが、その1分後に相手のオウンゴールで勝ち越す。試合はこのまま終了し、3-2と激闘を制した川崎が4連勝とした。

 この結果、勝点3を積み上げた横浜の3年ぶり5度目のリーグ優勝が決まった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】マリノス西村拓真の勝ち越し弾! FKのこぼれ球に素早く反応し貴重な一発

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
「シャーレ奪還!」3年ぶり5度目のJ1優勝に、横浜F・マリノスのサポーターが喜び爆発!「宮市にシャーレを届けられた」
「報われたなと思う」マリノス喜田拓也が5度目のJ1制覇に安堵。3年前の優勝とは「見える景色が少し違う」
清水のJ2降格が決定。札幌との最終節で3-4敗戦、17位確定。来季はJ史上初めてJ1で静岡勢不在に
J1得点王は清水のチアゴ・サンタナ! 27試合で14ゴール、最終節でもスーパーショットを披露
「天才すぎる」横浜エウベルが先制弾! 優勝をかけた大一番、狙いすましたヘッドでネットを揺らす「今日も最高です!」などファン歓喜

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ