• トップ
  • ニュース一覧
  • 「許されるものではない」名古屋の山口素弘GMがシュヴィルツォクへの4年間活動禁止処分を受けて会見「非常に残念」

「許されるものではない」名古屋の山口素弘GMがシュヴィルツォクへの4年間活動禁止処分を受けて会見「非常に残念」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年10月28日

今後の契約については「協議中」

シュヴィルツォクに重い処分が下った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 名古屋グランパスは10月28日、FWシュヴィルツォクにアジアサッカー連盟(AFC)から2021年12月から4年間の活動禁止処分が下されたと発表した。この処分を受けて、名古屋の山口素弘GMが取材に応じた。

 山口GMは昨季途中に加入してJ1で14試合7得点などの結果を残したポーランド人FWに「非常に良いプレーで、素晴らしいゴールを挙げてくれて感謝している」としつつ、「ドーピング違反は許されるものではない」「今回の処分は非常に残念」と述べた。

 禁止薬物検出から処分発表まで約11か月間かかり、「長いが、それだけしっかりと調べたのでは」とAFCへの信頼を示し、ファン・サポーターらたくさんの人から今回の件を尋ねられたが答えられず、「心苦しかった」と振り返った。
 
 また、処分決定までのやりとりはAFCと弁護士を含めたシュヴィルツォク側で行なわれ、クラブとしては書類の提出などで双方の調査に協力をしてきたと明かした。禁止薬物の詳細は「把握していない」という。

 名古屋ではこれまでも選手に対してドクターや栄養士、トレーナーの指導でドーピング防止の啓発活動を実施し、サプリメントや薬の監修も行なってきたが、選手の摂取状況を「把握しきれない面もある」として、今後は「さらに強化したい」と述べた。

 なお、シュヴィルツォクとの契約については「協議中」としている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
【関連記事】
「日本はまるで別世界だ」広島のベン・カリファ、母国メディアで“ジャパン”を称賛!「人々に対する敬意、自然、食べ物…」
「ふざけんなよ」「ひでーえぐられ方」久保建英の負傷にファン紛糾!本人は問題ないと強調「僕は元気です」
南野と原口は落選…城彰二がW杯日本代表の26人を予想。「コンディションが悪くても入れたほうがいい」と推すのは?
「ただのピエロ」「バカバカしい」マンUアントニーが見せた“機能性ゼロ”の謎プレーに批判殺到!指揮官は懲罰交代を否定
「前線に何も提供せず」冨安健洋、敗れたPSV戦のパフォーマンスに現地メディアは辛辣「繰り返しガクポを見失った」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ