逆転勝利の立役者となった神戸・大迫勇也をブラジルメディアの日本通記者が絶賛!「森保ジャパンにとっても朗報だ」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月19日

途中出場で2発、逆転勝利の立役者に

G大阪戦で獅子奮迅の活躍を見せた大迫。 (C)Getty Images

画像を見る

 9月18日にJ1第30節が開催され、ノエビアスタジアム神戸でのヴィッセル神戸対ガンバ大阪は、2-1で神戸が勝利した。

 残留争いの渦中にある17位の神戸と16位のG大阪という注目必至のカードは、55分にG大阪がレアンドロ・ペレイラのゴールで先制。神戸は終盤まで追いかける展開が続くが、83分に武藤嘉紀が獲得したPKを途中出場の大迫勇也が沈めて同点に。さらに90+3分に大迫が逆転弾を叩き込み、勝利をもぎ取った。勝点を31に伸ばした神戸は、降格圏を脱して13位に浮上した。

 この大迫の活躍ぶりに賛辞を送っているのが、ブラジルメディア『globo』のチアゴ・ボンテンポ記者だ。
【動画】半端ないって! 圧巻2発の大迫勇也! PK弾&劇的AT弾をチェック!
「大迫は今年、怪我に苦しみ、体調が万全でないこともあって、この試合でも途中出場だった。しかし、クラブの残留をかけた争いで2得点を挙げ、逆転勝利の立役者となった。ヴィッセル神戸は低空飛行を続けており、今季は14位以上になったことは一度もなかった。だが、今日の勝利で初めて13位に浮上している。

 ハーフタイム後からピッチインし、後半アディショナルタイムに決勝ゴールを決めるような決定的なパフォーマンスを大迫が続けることができれば、森保ジャパンにとっても朗報だ」

 そして、「今回、欧州でアメリカ戦、エクアドル戦に臨む日本代表メンバーに、彼は選出されていない」と続けている。

「選出されたメンバーのなかでも、大迫が続けていたようなセンターフォワードの役割を完全に引き継ぐことができているプレーヤーはいない。欧州遠征でもそのような事態が続くのであれば、森保一監督はカタール・ワールドカップの26人を発表する際、“古き良き”大迫を呼び戻すことができるだろう」

 ボンテンポ記者は「今回の森保ジャパンの欧州遠征に参加している選手のなかで、センターフォワードを務めそうな古橋亨梧、上田綺世、町野修斗、前田大然は確固たる立場を築いていない」と指摘している。果たして彼らは、32歳となったストライカーのインパクトを上回る活躍ができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】半端ないって! 圧巻2発の大迫勇也! PK弾&劇的AT弾をチェック!

【PHOTO】スタジアムを盛り上げたヴィッセルセレイアを特集!
 
【関連記事】
【森保ジャパン最新序列】ワールドカップ本大会へのサバイバル。大迫不在のCFや中盤などでアピールするのは?
久保建英が2試合連続アシスト!“猛プレス”で敵GKのミスを誘発、先制点をもたらす
「社会にとっても非常に良いこと」J1史上初の女性レフェリー山下良美主審へFC東京&京都の両監督が賛辞。長友は「試合が荒れなかった」と感謝
森保ジャパンと対戦するアメリカ代表メンバーが発表! チェルシー10番プリシッチ、19歳レイナ、22歳サージェントら26人
欧州遠征で選外となった大迫、浅野、板倉はW杯に間に合うのか。森保監督の見解は?大学時代から見てきた“愛弟子”へ期待も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ