「落ち度があると言われても仕方ない」横浜対福岡で西村拓真が負傷した場面、ノーファウルに家本元審判員、今野泰幸とも“レッド相当”を主張。審判側の事情も…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年09月16日

足首を踏まれて、その後に負傷交代

西村が相手選手のチャージを受けて負傷交代。ジャッジはノーファールだったが…。写真:滝川敏之

画像を見る

 DAZNの配信番組『Jリーグ ジャッジリプレイ』で、9月10日に日産スタジアムで行なわれたJ1第29節、横浜F・マリノス対アビスパ福岡で、横浜の西村拓真が負傷したシーンが取り上げられた。ゲスト出演した元国際審判員の家本政明氏、元日本代表MF今野泰幸(南葛SC)らが議論を交わした。

 問題のシーンは6分。左サイドで横浜のエウベルからパスを受けた西村が、リターンパスを出す。直後、福岡の奈良竜樹から足首を踏まれる形でチャージを受ける。主審は転倒したままの西村に気づきプレーを止めたものの、VARの介入はなくノーファウルの判定で試合を再開。西村はプレーを続けたが、24分に途中交代した。

 審判の判定は正しかったのか。今野は「流れを見ているだけだと正直分からないところがあるが、スローで見ると明らかに足首に行っている。しかも、奈良選手の全体重が足首に乗っちゃっているので、VARがあるのならばレッドカードでおかしくないのでは」として、“100パーセント、レッドカード”と見解を示した。
 
 また、家本氏は前提として、このプレーを事前に知って見るとインパクトが変わる点を挙げたうえで、国際的な安全面の配慮重視の流れから「レフェリー側に落ち度があると言われても仕方ない」と“80パーセント、レッドカード”を主張する。

 ただ、レフェリーサイドの事情として、西村の受傷がリターン後だったため、レフェリー視線が西村でなくパスの受け手に行く点を挙げた。「視野をフォーカスから少し広げている最中なので、どうしても認識がぼけてしまう」と説明。また、奈良のアプローチが長くなかったため、西村へのコンタクトが強く見えにくかった点も指摘した。

 その上で、100パーセント、レッドカードとは判断しにくいが、VARが主審に映像を見せるべきだったと述べた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「どうしても認識がぼけてしまう」家本氏や今野らが西村受傷シーンに見解

【画像】日本代表が新ユニホームを発表! 久保、南野、岩渕など選手着用ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!
 
【関連記事】
「鳥肌立ったわ」敵を翻弄した久保建英の移籍後初アシストが大反響!「なんで股抜きを逆足であんな冷静に出せるんだよ」
「クボとセルロトがソシエダを窮地から救った」初アシストの久保建英を現地メディアが絶賛!「すごいパスを供給した」
【森保ジャパン最新序列】ワールドカップ本大会へのサバイバル。大迫不在のCFや中盤などでアピールするのは?
「ハセは最高のレジェンド」フランクフルト長谷部誠がEL&ポカールの優勝カップと共演! 現地サポーターからは賛辞続々
「あまりうれしくなさそう笑」香川真司とサニブラウンがベルギーで休日を満喫! 日本人MFが受け取ったプレゼントとは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ