「強烈で、天然で、面白い人」鹿島新監督が前任者への想い綴る「彼が伝えてくれたものは…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年08月09日

「いつか必ずスイスに会いに行きます」

ヴァイラー監督の後を引き継いだ岩政新監督。「鹿島のサッカーがどういうものかを構築するのが必要」と意気込む。写真:徳原隆元

画像を見る

 一緒に仕事をした時間は短かったが、それを無駄にはしない。

 鹿島アントラーズは8月7日、フットボールにおける現状と今後の方向性について協議した結果、今季就任のレネ・ヴァイラー監督と双方合意のもと契約を解除。翌日、岩政大樹コーチの昇格が発表された。

 新指揮官は9日のオンライン取材で「いろんな面で戸惑いもある」としつつ、「時間は待ってくれない。週末に向けて良い準備をしていきたい」と語った。
 
 そして同日、自身のツイッターを更新。前任者への想いを綴った。

「レネヴァイラーは、強烈で、天然で、面白い人でした。彼が伝えてくれたものはきっとヨーロッパのスタンダード。それを知ることができたことは、クラブにとっても私にとっても大変学びとなりました。彼に信頼してもらえたことは私にとって大きな自信となりました。いつか必ずスイスに会いに行きます」

 その“学び”を次にどうつなげていくか。目ざすは「パッショナルなサッカー。強度が高く、スピーディで、熱量のこもった」スタイルで、リスタートを切る。40歳指揮官の手腕に注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
広島、横浜、川崎にあって鹿島に足りないもの。岩政新監督が明かした現代Jリーグの勝ち方
「鹿島が強くなれる最後の最後の手段」“岩政アントラーズ”にファンの反応は?「長期政権でお願いします」
「Jリーグファンなら誰もが鳥肌が立つ」横浜×鹿島戦直前の“神実況”が話題「後世に語り継がれる」
「危機感しかない」E-1香港戦の“スカスカ”スタジアムに鹿島の小泉社長が警鐘「言い訳せずに今の代表人気を考えないと」
停滞気味の鹿島が浮上できるかどうかは「自分次第」。結果のすべてを背負い込む鈴木優磨の覚悟「全部、オレがやる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ