「想像もできないような経験」ソン・フンミンがドイツ時代の人種差別を衝撃告白「W杯敗退で泣く彼らを見て『リベンジできた』」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年07月06日

「いつかリベンジしなければいけないと強く思っていた」

ドイツ時代の人種差別を告白したソン・フンミン。(C)Getty Images

画像を見る

 2018年のロシア・ワールドカップで、当時王者だったドイツはまさかのグループステージ敗退に終わった。1勝1敗で迎えた最終節、韓国を相手に0-2とまさかの黒星。グループ最下位での敗退という屈辱を味わった。

 涙するドイツの人々に、韓国代表のソン・フンミンは、同情することができなかったという。若かりし頃、ドイツの地で自身が屈辱を味わわされていたからだそうだ。かつてハンブルクでプレーした際、人種差別の被害に遭ったと明かした。

 2010年、弱冠17歳で韓国からドイツに渡ったソン・フンミンは、ハンブルクやレバークーゼンで活躍。2015年夏にトッテナムへ移籍し、今ではプレミリーグと世界を代表するアタッカーのひとりへと飛躍を遂げている。
 
 英紙『Daily Mail』によると、そのソン・フンミンは7月4日、ソウルでのイベントで「若いころにドイツへ行き、本当に難しく、想像もできないような瞬間をたくさん経験してきた」と振り返っている。

「たくさんの人種差別に直面した。本当に難しい時期にあり、いつかリベンジしなければいけないと強く思っていた」

 そしてそのリベンジの機会が、ロシア・ワールドカップとなったのだ。ソン・フンミンは「僕は、人が泣いていたら、(普通は)慰めてハグをしたくなる」と続けた。

「でも、ドイツの人が泣いているのを見ても、自分が好きなことでリベンジできた(と感じたんだ)」

 ヨーロッパの地で人種差別の被害を訴えた有色人種の選手は数えきれない。それでも、差別は根絶されていないのが実際のところだ。そして言うまでもなく、差別は欧州だけにとどまるものではない。世界各地で常に誰かが被害に遭っている。

 いつの日か、世界のどこでも差別がなくなり、健全な気持ちでワールドカップでの勝負に臨める日が訪れるのだろうか。訪れると信じ、世界が前進するのを願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!
【関連記事】
「嫌悪感しかない」FIFA投稿の02年W杯・韓国4強回想動画に批判殺到! アン・ジョンファンのブッフォン踏みつけ衝撃シーンも…「歴史上最も恥ずべき大会」
「日本との格差は想像を絶する」全日本O-70選手権のクオリティに中国衝撃!「70歳でも国を支配できる」
「ソン・フンミンはセンター。南野は遠っ」32人の各国スターが集結したW杯ポスターの“立ち位置”に韓国注目!「日本はよく見えない」
プレミア得点王なのに…韓国代表ソン・フンミン、自身の“ワールドクラス論争”に見解!「本物なら議論自体が起きない」
「日本に完全に逆転された」0-3、0-3、0-3、0-5…各年代の日韓戦で惨敗続きの韓国代表を、母国メディアが猛列批判!「危機感が全く感じられない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ