ブラジル戦の推奨スタメンは?|CFは進境を示した浅野。期待感を高めた伊藤を左SBに【記者の視点】

カテゴリ:日本代表

内田知宏

2022年06月05日

両ウイングと中盤はいつもの選手と配置

内田記者が選定したブラジル戦の推奨スタメン。

画像を見る

 4試合が組まれた6月シリーズの2戦目、日本代表は6日に国立競技場でブラジル代表と対戦する。世界ランクトップのタレント集団を相手に、森保ジャパンはいかなるメンバーで挑むか。報知新聞社の内田知宏記者に、推奨スタメンをセレクトしてもらった。

――◆――◆――

 ブラジル代表戦では結果と同じように、気づきを得ることが重要だと考える。カタール・ワールドカップのグループステージで同組となったドイツ、スペインとの対戦を見据え、最終予選を勝ち抜いた布陣、メンバーがサッカー王国相手にどこまで通用するのか。

 継続か。変化か。試合後に判明する。森保ジャパンにとってW杯までの歩みを決める重要な一戦になるだろう。

 現在地を確認する意味では、最終予選を勝ち抜き、現状のベストと思われる布陣4-3-3で臨むべきだろう。センターフォワードには浅野拓磨。Jリーグ得点ランクトップの上田綺世、スコットランドで期待感を持たせる活躍を見せた古橋亨梧と選択肢があるが、パラグアイ戦で進境が見られた浅野を推す。
 
 両ウイング、中盤はいつもの選手、いつもの配置。アンカー守田英正にも魅力を感じるが、今のところ変えるべき理由は見当たらない。その守田はふくらはぎの痛みで出場が微妙だが、推奨スタメンという枠から外れることのない選手だと思っている。

 ディフェンスラインでは新しいチャレンジを期待したい。本来であれば、センターバックで冨安健洋、板倉滉のセットを推したいが、負傷を抱える冨安は欠場が濃厚。吉田麻也は最終予選のオーストラリア戦以降、日本代表でもピリッとせず、サンプドリアでも出場機会が減ったなかでシーズンを終えた。一方の板倉はシャルケ、代表で着実に結果を積み上げてきた。次の一手を強豪にぶつけるのは手だと感じるが、現実的には吉田、板倉で臨むだろう。

 左サイドバックには新戦力の伊藤洋輝を。パラグアイ戦では、その先を見たいと思わせるプレーを披露したことが理由だ。注目の一戦。結果とともに内容にも注目したい。

取材・文●内田知宏(報知新聞社)

【貴重映像】ネイマール、ヴィニシウスなどブラジル代表が技巧連発!日本代表戦に向け調整

【練習潜入】日本代表がブラジル戦に向けて調整!雨中でもミニゲームは白熱!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【関連記事】
ブラジル戦の推奨スタメンは?|上手さよりも強さと速さを重視。伊東のスピードは強豪国撃破の突破口に【記者の視点】
ブラジル戦の推奨スタメンは?|前線には一芸に秀でる選手を配置。真価が問われる左SB長友【記者の視点】
「なんで取られないかって言うと…」久保建英が自身の“究極系”と考える名手は? 模倣したクルクルドリブルを代表の先輩に伝授する姿が反響!「目指す選手は間違っていない」
「ソン・フンミンのアジア最高額を超えた日本のエースが…」森保ジャパンの元10番の苦境に韓国注目「ポルトも諦めた」
【采配検証】なぜ指揮官は今までシュミット・ダニエルにチャンスを与えてこなかったのか。大胆な舵取りへの転換を期待したい

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ