横浜がグループ首位突破でACL決勝T進出! GS最終節は全北現代に1-1ドロー、A・ロペスが1得点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年05月02日

開始4分にA・ロペスが先制弾

GS首位突破で決勝T進出を決めた横浜。(C)Getty Images

画像を見る

 横浜は現地時間5月1日、ベトナムで集中開催されているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節で韓国の全北現代と対戦し、1-1で引き分けた。

 横浜のスターティングメンバーは、GKに高丘陽平、4バックは小池龍太、實藤友紀、岩田智輝、角田涼太朗、ダブルボランチは喜田拓也と藤田譲瑠チマ、トップ下に西村拓真、3トップは宮市亮、アンデルソン・ロペス、エウベルという顔ぶれに。

 引き分け以上でグループ首位通過が決まる横浜は、開始4分にさっそく先制点を奪う。敵陣で相手のパスをカットした藤田のアシストから、A・ロペスが正確なシュートでネットを揺らす。

 だが、すぐさま同点に追いつかれる。11分、最終ラインの裏を突かれ、キム・ボギョンのボレー弾を許す。

 その後はお互いに攻め合うが、スコアは動かず。前半はタイスコアで折り返す。
 
 迎えた後半、小池の縦パスに抜け出した53分のA・ロペスのシュートは相手GKにストップされる。56分にはニアゾーンに侵入した小池が可能性のあるクロスを入れるが中で合わせる選手がいない。

 チャンスを作る一方で、64分には全北現代のグスタボの際どいFKにヒヤリとさせられる場面も。

 一進一退の攻防は最後まで続き、結局、試合はドロー決着。横浜が貴重な勝点1を上積みし、グループ首位でGS突破を決めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】多彩な攻撃陣がベトナムで躍動!ACLを戦う横浜F・マリノスを厳選ショットで特集!
 
【関連記事】
「マエダが燃え上がる!素晴らしいプレーだ」大一番で絶妙アシストの前田大然を英メディアが称賛!英国人記者も感嘆「傑出している」
リーグ戦わずか4点のメッシ、まさかの記録に海外注目!「トップ5」から1点も奪えず。対照的にC・ロナウドは…
PSV堂安律が開始2分で電光石火の先制弾!公式戦今季10点目で二桁得点を達成!
川崎の広州戦スタッツに中国反響! “支配率81%”より衝撃だったのは…「苦難や忍耐は成長の糧になる」
「すっごいデカかった」内田、松井、大久保の3人が衝撃を受けた、“想像以上にゴツい”世界的名手とは?「びくともせん」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ