【J1】クリスティアーノ3発で柏が完勝! 痛恨2連敗の広島は首位陥落…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年08月16日

隙のない守備力&高い決定力で柏が完封勝利を収める。

脅威の決定力の高さでハットトリックを達成したクリスティアーノ(写真は1点目のシーン)。強烈なミドルでネットを豪快に揺らした2点目は圧巻だった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグ第2ステージ・7節は8月16日に9試合が開催された。エディオンスタジアム広島で行なわれた広島対柏は、アウェーの柏が3-0の完封勝利を収めた。
 
【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・7節

 開始3分、さっそく試合が動く。柏の小林がカットインから中央へパス。受けたクリスティアーノのシュートはコースこそ甘かったが、広島GK林の懸命なセービングをかいくぐってボールはゴールラインを割り、柏が幸先良く先制に成功する。
 
 追いかける広島はその後、ペースを握るが、アンカーの茨田を最終ラインに落として5バック気味に構えるなど柏の手堅い守備網の前に、攻めあぐねてしまう。効果的に縦パスを入れられず、サイド攻撃に活路を見出すも、良い形でシュートに持ち込めない。
 
 30分には塩谷の鋭いクロスに佐藤がワンタッチで合わせるも、ボールはバーの上に。35分には青山の落としから野津田が自慢の左足で狙ったが、シュートは相手DFにブロックされるなど、チャンスを活かすことができない。
 
 一方の柏は、前半は我慢の時間が長かった。28分には茨田の縦パスから武富が思い切ってミドルを放ったが枠を捉え切れず、追加点を奪うまでには至らなかった。
 
 後半のスタートと同時に、広島は野津田に代えて浅野をピッチに送り込む。この日本代表のスピードスターの投入で攻撃の強度をさらに上げようと試みたが、前半同様、柏の隙のない守備組織をなかなか崩し切れない。
 
 素早い攻守の切り替えと連動したディフェンスが機能するなど、まずは守備でリズムを整えながら攻撃につなげた柏が徐々に盛り返していくなか、63分にクリスティアーノが強烈なミドルを突き刺す。さらに77分、相手のバックパスをかっさらったキム・チャンスのクロスをヘッドで押し込んだクリスティアーノがハットトリックを達成。抜群の決定力を見せつけたブラジル人FWの大活躍により、アウェーチームがスコア3-0としてそのまま逃げ切ってみせた。
 
 敗れた広島は、途中出場のミキッチが奮闘し、右サイドからの果敢な仕掛けで好機を演出したが、フィニッシュの精度が足りずにゴールを奪えないまま敗戦。この結果、広島は第2ステージと年間順位の首位から陥落。前節に続く完封負けで、手痛い連敗となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ