ACL日本勢で初黒星。横浜がPK被弾で全北現代に0-1敗戦。自慢の攻撃は振るわず…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年04月20日

松原が元同僚を倒してPK献上

横浜は全北現代に0-1敗戦。ACLで日本勢では初黒星となった。(C) 2022 Asian Football Confederation (AFC)

画像を見る

 横浜は現地時間4月19日、ベトナムで集中開催されているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第2節で全北現代(韓国)と対戦し、0-1で敗れた。

 横浜のスターティングメンバーは、GKに高丘陽平、4バックは松原健、實藤友紀、角田涼太朗、小池龍太、ダブルボランチに喜田拓也と岩田智輝、トップ下に西村拓真、3トップは水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベルというラインナップに。

 5分に相手GKのフィードをカットしたエウベルが、がら空きのゴールを狙ったがシュートは枠を外れる。そのエウベルが7分に力強い突破から惜しいシーンを作るなど、立ち上がりから横浜が自慢の攻撃力でアグレッシブな戦いを見せる。

 ただ、全北現代の堅実な守備をなかなか崩せず、攻めあぐねる時間が続く。ボール支配率で上回り、サイドアタックで相手ゴールに迫る。だが思うようにフィニッシュに持ち込めない。

 焦れずに攻め続けるなか、31分に先制を許す。自陣エリア内で松原が新潟時代のチームメイトだったキム・ジンスを倒してしまいPKを献上。これをスタニスラフ・イルチェンコに決められる。

 41分には岩田、エウベルが立て続けに決定機を迎えるも、敵GKの好セーブもあり、ゴールを割れない。横浜は1点ビハインドで前半を折り返す。
 
 後半はさらに攻勢をかけたい横浜は、選手交代などで攻撃の活性化を試みる。途中出場の小池裕太や樺山諒乃介、マルコス・ジュニオールが積極的に仕掛けていくが、あと一歩及ばない。

 その後の猛攻も実らず、結局、0-1でタイムアップ。ACLで日本勢では初黒星となった。横浜は次節、4月22日にシドニーFC(オーストラリア)と対戦。日本時間で23時にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】横浜F・マリノスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

【PHOTO】熱戦に華を添える横浜F・マリノスのチアリーダー「トリコロールマーメイズ」

【PHOTO】敵地に駆けつけ、選手を力強く後押しした横浜F・マリノスサポーター!
 
【関連記事】
「おそらく今季最も奇妙なイエローカード」パリSG守護神ドンナルンマの謎行動が反響!「どれだけ笑ったかは言わない」
「恥ずかしい」川崎にファウルすらできずに惨敗の広州FC、中国メディアは“頭にキック”でDF解雇の影響と皮肉!「行けなくなったのか?」
C・ロナウドが心痛…双子の出産と男児の死亡を発表。「最も深い悲しみ。親として最大の痛み」
なぜ明本も? 浦和・岩尾憲が34歳誕生日にプールにダイブ!「腹筋バッキバキ」「いい雰囲気だなあ」など反響
「敵の頭に蹴り」で即解雇の中国人DF、古巣の川崎戦惨敗に歓喜の投稿? 母国騒然も本人は“なりすまし”を主張「加害者の法的責任を…」 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ