単調な攻撃はなぜ繰り返されたのか?個人の強みを生かすには下準備が必要。市川大祐が見た最終予選

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月31日

得意な形で勝負しようとする意識が強すぎるために…

市川氏は三笘のドリブルを評価するも、得意な形を出すための下準備の重要性を説いた。写真:田中研治(サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表は3月29日、アジア最終予選のラストマッチでベトナム代表と1-1の引き分けに終わりました。

 24日のオーストラリア戦でワールドカップ出場を決めた直後の試合で、相手は失うものが何もなく、思い切って戦ってくる。難しいところはあったと思います。特に、ワールドカップ本大会へのメンバー入りをかけた戦いと言いますか、吉田麻也選手、山根視来選手以外の先発9人を入れ替えてフレッシュなメンバーで臨んだこともあり、前半は今ひとつの出来だったように思います。

 オーストラリア戦で2ゴールの三笘薫選手はドリブルで仕掛けるシーンも多かったですが、相手が対応して来たことや、5-4-1の守備ブロックでスペースを消されたことで思うような活躍ができませんでした。

 右ウイングで先発した久保建英選手は、前半は孤立し攻撃に上手く絡めず。立ち位置をトップ下に変更した後半は狭いスペースで技術を生かせることを示しましたし、上田綺世選手との距離が近くなったことで、上手くおとりに使ったり、自身が裏のスペースに飛び出したり、良い動きができるようになっていました。

 ただ、試合を通して一番気になったのは、一人ひとりの行動範囲の狭さ。中央部に人数が多かった一方で、サイドが手薄になり、ピッチを広く使えていない点です。そして、連係面が十分でなく、ボール回しが遅く相手守備にギャップを作れていなかったことはありますが、それ以上に単調な攻撃になっていました。
 
 三笘選手の場合は、引いた相手に単騎でドリブルを仕掛けるシーンが増えてしまいました。左サイドバックは東京五輪でチームメイトだった中山雄太選手で、三笘選手の良さを生かそうとスペースを消さないように攻め上がりを自重し、ボールを預けて勝負させるシーンが多かったのですが、オーバーラップしてボールを持つ三笘選手の選択肢を広げるプレーも必要だったかもしれません。

 または、中盤に入った旗手怜央選手、柴崎岳選手、原口元気選手たちが、三笘選手がボールを持った際にもっと絡んでいくことも必要だったかもしれません。相手の守備に隙もあったので、ミドルシュートを打つのも有効な手だったと思います。

 ほかの選手にも当てはまることですが、出場機会に恵まれていない選手たちが自分の強みを生かそうという姿勢は見えました。その一方で、得意な形で勝負しようとする意識が強すぎるため、単調な攻撃になってしまったことも否めないと思います。

 やはり強みを生かすためには下準備が必要です。三笘選手のドリブルを生かすためには、いかに良い状況でボールを持たせるか。また、三笘選手に対峙する相手が迷うほど、周囲の選手が選択肢を提供できるか。そういう部分への配慮やその場の状況判断が必要だということです。

 この予選を通じて攻撃が単調になってしまうことが多々ありました。ひとつの解決策はベトナム戦の後半であったように、システム、選手の立ち位置を変えることや、メンバーチェンジで人を変えることがあります。ですが、ピッチ上で実際にプレーするのは選手なので、一人ひとりが意識していくことも大切です。

 例えば、ミドルシュート。実際にシュートを打つのって結構難しいんですよね。プレー中に相手の隙もあって「今打てたな」と感じることは多いと思います。ですが、それでは遅い。ボールを受ける瞬間に反応できるようなスピードが必要です。そのためには、やはり常にゴールを意識してプレーできているのか、隙があれば常に得点を狙っているのか。そういう日頃からの意識が必要だと思います。
 
【関連記事】
カタールW杯のポット分けが決定!「ポット3」の日本が“対戦しない”チームは?
W杯のポット分けが確定!日本代表にとって最高・最悪の組分けは?「ブラジル、ドイツ…」
最新FIFAランキング、最終予選2位突破の日本は23位で変わらず。W杯ドローは第3ポットに
“川崎ユニット”導入の効果。森保ジャパンでの生かし方とは?
「日本が取り組むべきことはただ一つ」米メディアのアジア通記者が森保ジャパンに欠けている部分を指摘「試す必要がある」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ