セルティック前田大然がリーグ戦2試合連発!オーストラリアとの大一番に弾みをつける

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年03月20日

旗手と共に先発出場

CKからチーム3点目を奪った前田。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間3月19日に開催されているスコットランド・リーグ第31節で、日本人選手4人が所属する首位のセルティックは、6位のロス・カウンティとホームで対戦。古橋亨梧は負傷でメンバー外、井手口陽介はベンチスタートとなるなか、旗手怜央が左インサイドハーフ、前田大然が左ウイングで先発した。

 セルティックは11分、ジョッタのクロスにファーで反応したギアクマキスが、打点の高いヘッドで叩き込み、先制に成功する。

 勢いに乗ったギアクマキスは、そこから7分後に追加点もゲット。前田のダイレクトでの折り返しにヘッドで合わせたシュートは、ゴールライン上の相手DFにクリアされるも、すかさずこぼれ球を押し込んだ。
 
 迎えた26分には、立ち上がりからキレのある動きを見せていた前田がネットを揺らす。CKからギアクマキスがヘッドで落としたところを、倒れ込みながらも上手く左足で流し込んだ。

 日本代表FWは前節に続いて2戦連発で4点目、公式戦通算では6点目となった。カタール・ワールドカップ出場の懸かる、オーストラリアとの大一番に弾みのつくゴールとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】倒れ込みながらも気持ちで押し込む!前田の今季6点目をチェック

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!
【関連記事】
前田大然が今季6点目&ギアクマキスがハット!首位セルティック、宿敵レンジャーズとの直接対決を前に4発大勝
「計算してやった。タチが悪い」旗手怜央のタックルへの元主審の見解に地元メディアが猛反論!「なぜ傷つけに行く必要がある?恥だ」
「日本代表のメンバーはひどい」対戦する森保Jの招集27人に敵国ベトナムのメディアが驚嘆!「久保に南野、旗手や前田まで…」
「EUROの後、日本に戻ったら…」元神戸フェルマーレンが電撃引退の理由を明かす!「できるだけ先延ばしにしようと思っていた」
「次元が違う、アホちゃうか」本田圭佑、ロシア侵攻問題への批判に反論「まともな議論ができる人がこれほど少ないとは」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ