「日本のサッカーは違うんだ」ガンバ新加入の韓国代表CBが明かす“Jリーグ行き”を決めた真意

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月19日

「ガンバでは毎年のように優勝カップを掲げたい」

同胞のキム・ヨングォンと入れ替わるようにガンバ加入を果たしたクォン・ギョンウォン。韓国代表のレギュラーCBだ。(C)Getty Images

画像を見る

 新政権の下で捲土重来を期すガンバ大阪。そんなチームにあって、新たな守備の中軸と期待されているのが現役バリバリの韓国代表CB、クォン・ギョンウォンだ。
【PHOTO】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

 屈強なフィジカルと高度な戦術眼を誇るレフティーは、脂の乗り切った29歳。これまで全北現代、アル・アハリ(UAE)、天津天海(中国)、尚州尚武、城南FCでプレーし、国際経験も豊富だ。韓国代表デビューは25歳とやや遅めだったが、目下ワールドカップ・アジア最終予選を戦うチームで堂々レギュラーを張っており、統率力にも秀でる。

 そんなクォン・ギョンウォンが現地1月18日、韓国代表が集中キャンプを張っているトルコに到着した。合流が遅れたのは新型コロナウイルスに感染していたためで、なんとか1月21日のテストマッチ・モルドバ戦に間に合わせてきた。

 さっそく韓国メディアの取材に応じ、「体調はもう問題ない。あとはコンディションを上げていくだけだ」と力強くコメント。続けて、Jリーグに活躍の場を移した理由について、次のように説明した。

「もともと、さまざまな国でのプレーを経験したいという強い欲求がある。そのなかで、日本のサッカーはぜひとも経験したいものだった。日本サッカーはこれまでプレーしてきた中東や中国、韓国のどれとも違うんだ。日本での経験を通して、より多くを学び、成長してみたいと考え、決断した」
 

 さらに報道陣から「日本での経験がどのように代表チームに還元されると思うか?」と問われると、長身CBは「自分が加入するチーム(G大阪)の戦術は、ハイポゼッションをベースにしていると聞いた。そうした環境で経験を積めば、代表チームでもまた異なる役割を果たせると思う」と回答した。

 そして最後に「(G大阪では)毎年のように優勝カップを掲げたいし、ワールドカップでも最高の結果を手にしたいね。僕はいつも、優勝とトロフィーを欲しているんだ」と想いを明かした。

 G大阪への初合流は、ワールドカップ最終予選が終わってからとなる。韓国代表は1月25日にトルコ合宿を打ち上げてレバノンへ移動。27日にレバノン代表と戦い、2月1日に中立地のUAEでシリア代表と雌雄を決するスケジュールだ。このアウェー2連戦で2連勝を飾れば、文句なしでワールドカップ本大会出場が決まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!
【関連記事】
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」
「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】
「強いガンバを取り戻す」片野坂新体制のG大阪が始動!目標は3位以内、改善ポイントはどこに?
「非常に特殊なスキルがある」井手口陽介のガンバ時代のスタッツに英メディア注目!「なぜビエルサが彼を起用しなかったのかを…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ