「模索している時間も惜しい」久々の代表復帰となった武藤嘉紀が求める“結果”。大迫との好連係にも期待

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年01月17日

大迫とは「お互いに分かり合っている」

約3年ぶりに代表に戻ってきた武藤。熾烈なサバイバルで生き残れるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表が1月17日から千葉県内で合宿をスタート。練習初日にヴィッセル神戸の武藤嘉紀がオンライン取材に応じた。

 2019年のアジアカップ以来、約3年ぶりに代表に戻ってきた。21日に予定されていたウズベキスタンとの親善マッチは、新型コロナの影響で中止に。アピールの場がなくなり、武藤も「残念」と話すが、「トレーニングから見られていると思う。そこは集中して、最大限のパフォーマンスをできればいい」と気合いを入れる。

 森保ジャパンについては、「チームがひとつになって戦える。連動して戦える」という印象を持つ。久々の招集だけに、「自分もそこに入っていって、どうやって、良いコンビネーションだったり、良いプレーができるかを模索しながら」とイメージする一方で、「模索している時間も惜しいので、とにかく自分の良いところをアピールしつつ、チームとひとつになって良いプレーができればいい」と語る。

 期待したいのは、神戸でもチームメイトの大迫勇也との連係だ。「大迫選手の良さ、逆に僕の良さをお互いに分かり合っているので、コンビネーションはできている」。それを代表のピッチでも表現したい。「どういったフォーメーションでやるかまだ分からないので、しっかりと適応させなければならない」と表情を引き締める。
 
 1月下旬から再開されるカタール・ワールドカップのアジア最終予選に挑むメンバーに生き残れるか。求められるのは、やはり“結果”だろう。

「相手の脅威になる、ゴールやアシスト、目に見える結果を出せる選手でなければならない。前の選手が点を決めれば、後ろの選手は楽になるので、チームとしても優位になります。そういった結果を出せるFW、前の選手にならなくちゃいけないと思っています」

 やる気に満ちた29歳のアタッカーは、周囲の期待に応えるパフォーマンスを見せられるか注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年最初のトレーニングキャンプに臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 
【関連記事】
「碧や薫を見ていて悔しかった」相馬勇紀が東京五輪で共闘したライバルの活躍に刺激。「追いつきたい」
【日本代表】吉田、古橋、三笘、室屋が欠場へ… 森保監督が中国&サウジ戦へ招集困難の見通しを明かす
「普通にエグい補強」「熱すぎる!」元名古屋10番ガブリエル・シャビエルの札幌加入に反響続々!
「見た瞬間吹き出した」湘南・瀬川祐輔のやる気みなぎるポージングに脚光!「クラスに絶対1人はいる」
「オリジナル感がすごい!」J3八戸の22年新ユニホームは「古風な感じがあっていいね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ