「FC東京を選んだ理由は?」。新体制発表会でそう訊かれた松木玖生の答は?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2022年01月15日

バイエルンのあの選手のプレーを「すごくチェックしている」

先の高校サッカー選手権ではさすがの貫録を見せつけた松木。プロ1年目から活躍できるか。写真:徳原隆元

画像を見る

 2022年1月15日、FC東京の新体制発表会が行なわれた。その中の新戦力紹介では、青森山田高からの中継で、先の高校選手権で大活躍した松木玖生が登場。その選手権の国立のピッチから「FC東京のタオルなどを見て応援してくれている」と実感していた松木は、「今季からしっかりと結果を残したい」と力強く語った。

 続けて、「FC東京を選んだ理由は?」という質問に「一番の理由は堅守速攻というところで合っているイメージ。そういうスタイルのサッカーが好き」と答えると、起用ポジションについては「まずは任されたところでやる。それが(高校でプレーしていた)ボランチなら光栄」とコメント。

 新シーズンはアルベル監督の下でポゼッションサッカーにトライするが、そこにも不安はない。むしろ「自分はまだまだで、吸収したい。学びたい」と前向きに捉えている。

 どんなサッカーにチャレンジするにせよ、アピールしたいのは「守備力」、そして「ボランチでも得点を決めるところ」と松木は主張する。「負けず嫌いな性格で、とにかく熱いプレーヤー」と自己分析していた彼は「味方を鼓舞しながらプレーしたい」と自信を覗かせる。
 

 そんな松木はバイエルンのムシアラなどのプレーを「すごくチェックしている」そうで、そこから見習うべきは攻撃のバリエーション。「高校での3年間必死に努力してきて、肉体改造してきたので、それなりにできると思います」と、当然ながらプロ1年目から大暴れするつもりだ。

 受け答えがすでに大人という印象を受けた松木。持ち前のメンタルの強さも武器に、FC東京の新たな象徴になれるか。半端なく期待されていることは、誰よりも本人が理解しているはずだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【FC東京】2022年の背番号。注目の松木は「44番」、新戦力の木本は「30番」、スウォビィクは「24番」。新たな「5番」は…
【FC東京】「サッカーよりも重要なのが…」。アルベル監督が示す〝チームマネジメントの本質“
「美しい城を建築するには時間が必要」。FC東京のアルベル監督が新体制発表会で明かしたチームコンセプト
「凄いなぁ…」城彰二が驚いた青森山田・松木玖生の“発言”とは?「彼はスター性を持ってるね」
強気のメンタル、単身渡仏、圧巻の日本一…青森山田・松木玖生はなぜ高校No.1と称される選手に成長できたのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ