シュバインシュタイガーはなぜ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したのか?【バイエルン番記者】が真相に迫る

カテゴリ:メガクラブ

パトリック・シュトラッサー

2015年07月16日

ペップのお気に入りではなかったのだ。

シュバインシュタイガーはなぜ、マンチェスターへと旅立っていったのか。その真相に番記者が迫る。 (C) Getty Images

画像を見る

 バイエルンのファンにとって、それはアイデンティティの喪失だった――。
 
 バスティアン・シュバインシュタイガーの退団は、単なる選手ひとりの流出ではない。ドイツマイスターを8つ、ビッグイヤーをひとつもたらしたクラブの象徴を、ファンは失ったのだ。
 
 30歳の元副キャプテンが求めた新天地は、マンチェスター・ユナイテッド。ルイス・ファン・ハール監督が、かつてバイエルンで指導したこの愛弟子を中盤の新リーダーとして熱烈に望み、その熱意をシュバインシュタイガーは意気に感じた。移籍金は推定1800万~2000万ユーロ(約25億2000万~28億円)だ。
 
 手放した側のペップ・グアルディオラは、素っ気なかった。
 
「私は彼に言った。『君の好きなようにしなさい。君が幸せなように』と。監督として彼を指導できたのは、とても光栄なことだった」
 
 グアルディオラはそう望みさえすれば慰留できたはずだ。しかし、そうしなかった。シュバインシュタイガーはペップの「お気に入り」ではなかったのだ。
 
 本人はこう思ったはずだ。ドイツ代表キャプテンとして、EURO2016までの1年間をベンチで過ごすのは耐えられない。苦しみの時間を強いられるのなら決別したほうがいい、と。
 
 だからバイエルンの首脳陣も彼を行かせたのだ。起用法などをめぐるトラブルを未然に防ぐために。
 
 こうしてシュバインシュタイガーは旅立っていった。「新しい挑戦が楽しみだ」と言い残して。
 
 残されたのは、悲しむサポーターとチームメイトだ。
 
 キャプテンのフィリップ・ラームは、「とても残念だ」と別れを惜しんだ。
 
 本拠地アリアンツ・アレーナでのシーズンオープニングセレモニーで、この移籍を公表したカール=ハインツ・ルムメニゲCEOにはサポーターのブーイングが降り注ぎ、練習場には放出に抗議するバナーが貼られた。
 
 もっとも、バイエルンにとってシュバインシュタイガーの退団は戦力的に致命的なダメージかと言えば、そうでもないだろう。中盤センターは質・量ともに豊富で、事実、昨シーズンの大半をシュバインシュタイガーは怪我で欠場した。
 
 いずれにしても、突然すぎる別れだった。昨シーズンのブンデスリーガ最終節でシュバインシュタイガーはゴールを決めた。そのマインツ戦は、彼にとってバイエルン通算500試合目だった。
 
 まさかそれが、最後の試合、最後のゴールになるなんて……、誰も夢にも思わなかった。
 
【記者】
Patrick STRASSER|Abendzeitung
パトリック・シュトラッサー/アーベントツァイトゥング
1975年ミュンヘン生まれ。10歳の時からバイエルンのホームゲームに通っていた筋金入りで、1998年にアーベントツァイトゥングの記者になり、2003年からバイエルンの番記者を務める。2010年に上梓した『ヘーネス、ここにあり!』、2012年の『まるで違う人間のように』(シャルケの元マネジャー、ルディ・アッサウアーの自伝)がともにベストセラーに。
【翻訳】
円賀貴子

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ