• トップ
  • ニュース一覧
  • 「とても傷ついて、涙が溢れてきた」浦和のロドリゲス監督、古巣・徳島降格のショックを母国紙に激白!「ファンの前で社長が泣いているのを見たら…」

「とても傷ついて、涙が溢れてきた」浦和のロドリゲス監督、古巣・徳島降格のショックを母国紙に激白!「ファンの前で社長が泣いているのを見たら…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月19日

「失望と悲しみでいっぱいだった」

スペイン紙のインタビューで古巣について言及したロドリゲス監督。写真:徳原隆元

画像を見る

 浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、母国スペインの有力紙『AS』のインタビューで、古巣である徳島ヴォルティスのJ2降格について語った。

 昨季まで4シーズンに渡って徳島を率いたリカルド・ロドリゲス監督は、20年シーズンにJ1昇格を果たし、その実績を評価されて、今季より浦和の指揮官に就任。最優秀監督賞に輝くなど、初めてのJ1の舞台でもその手腕を存分に発揮した。

 そんな智将も、古巣への愛情は格別だったようだ。最終節で徳島が降格したことについて、「とても傷ついた」と切り出すと、まず自身の後任となった同胞のダニエル・ポヤトス監督について言及した。

「ポヤトス監督を個人的に知らなかったし、対戦したときはあまり話をしなかったが、こちらが勝ったにもかかわらず、彼らが素晴らしい試合をしたことを覚えている」
 
 そして、「私は4年間そこにいたので、降格は非常に傷ついた」と続けている。

「ドレッシングルームで徳島の降格を知ったとき、失望と悲しみでいっぱいだった。 辛かったよ、 社長、スポーツディレクター、すべてのコーチスタッフ、選手のことを考えるとね。家に帰ってから、ファンの前で社長が泣いているのを見たとき、涙が溢れてきた」

 47歳の戦術家は、「こういうことを話すと、熱くなってしまうが、彼らはきっと(J1に)戻ってくるだろう」と締めくくっている。

 いまの自分があるのは徳島のおかげ――。リカルド・ロドリゲス監督には、そんな思いがあるのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】阿部、槙野、宇賀神…ホーム最終戦で浦和サポーターに別れのあいさつを行った浦和の漢たち
【関連記事】
「ニホンはとても閉鎖的な国」清水前指揮官ロティーナが、驚かされた日本の“異質な文化”を語る!「とてつもないのが…」
「一晩中嘔吐していた」浦和の“新プリンス”ユンカー、欧州メディアに入団までの紆余曲折を明かす【2021総集編】
「大会は観られなかった。韓国に逃亡した」中村俊輔が衝撃の2002年W杯落選を回想!「選ばれない理由は分かっていた」
天皇杯決勝をプロ分析官が徹底展望!4度目の戴冠を目指す浦和と片野坂政権の集大成となる大分。それぞれの思惑は――
「なんでそんなに可愛いの」浦和L・塩越柚歩のオフショットに脚光!“おしゃん”な誕プレに感激

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ