「Jリーグに来てくれてありがとう」「どうぞ安らかに…」急逝した湘南のMFオリベイラがファンの拍手に包まれ、母国ブラジルへ旅立つ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年12月14日

残された5歳の愛息への支援チャリティーも実施

23歳の若さで亡くなったオリベイラ。湘南は残された家族への支援目的のチャリティーを実施。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 湘南ベルマーレは12月14日、急逝したオリベイラの最後のお見送り(出棺)をレモンガススタジアム平塚にて実施。当日の様子をクラブの公式ツイッターでこう報告した。

「オリベイラ選手を無事に見送ることができました。スタジアム外周をゆっくりまわり、サポーターの皆さんが待つ北門へ。大きな拍手に包まれながら、スタジアムを後にしました。急きょのお知らせ、また平日の夕刻にもかかわらず、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました」

 オリベイラは、2015年に母国ブラジルのコリチーバでキャリアをスタートし、2019年に来日。J.FC宮崎(現・ヴェロスクロノス都農/九州サッカーリーグ)でプレーしたのち、2020年1月に湘南に完全移籍。そのままFC大阪に期限付き移籍し、同年10月に湘南に復帰していた。今季はリーグ戦で2試合に出場したほか、ルヴァンカップのグループステージでは全6試合に出場していた。

 しかし、11月23日に「急性うっ血性心不全」により急逝。享年23歳だった。
 
 母国ブラジルへと旅立つ前の最後のお見送りを終えて、ファンから以下のような声が寄せられている。

「心よりお悔やみ申し上げます」
「オリ、どうぞ安らかに…」
「やっと家族の元に戻れるね。今日は行けなかったけど、ベルマーレに来てくれてありがとう!」
「今日でオリベイラ選手とほんとうのお別れです。オリベイラ選手、天国でもJリーグを見守ってください。Jリーグに来てくれてありがとう」
「サッカーファミリーとして本当に残念です。まだ若すぎるよ。スタジアムでプレー観たかったです」
「心からご冥福をお祈りいたします」

 なお、湘南はオリベイラの家族、5歳の愛息を支援する目的で、「All for Oliveira 募金」を実施。メモリアルTシャツや、デジタル画像データを販売するほか、選手着用のオリベイラ選手メモリアルTシャツのチャリティーオークションや、寄付金口座を設置。経費を除く売り上げの全額がオリベイラの家族へ寄付される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「オリベイラ。私たちの心に、永遠に」湘南が投稿した23歳の軌跡
【関連記事】
【湘南】「今日だけは許してやってください」。山口監督が選手を気遣い、監督としての覚悟も示す
【湘南】「もっと自分たちらしく戦うべき」。徳島に敗戦後、主将の岡本拓也がチームメイトにかけた言葉の真意
海外も騒然となった大久保嘉人への“蹴り上げシーン”、判定は妥当だったのか? 元レフェリーの見解は…【2021総集編】
選手権で猛威を振るう“ロングスロー”が物議。「どうかと思う」「何がダメなん?」とファンも賛否両論【2021総集編】
「僕の相棒です」小野伸二、愛車との2ショットに反響相次ぐ!「最高の車に最高の漢」【2021総集編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ