• トップ
  • ニュース一覧
  • 新生・なでしこジャパンにエース岩渕真奈が感じたことは?「世界一を目指すと言うのは、まだ少し早い」

新生・なでしこジャパンにエース岩渕真奈が感じたことは?「世界一を目指すと言うのは、まだ少し早い」

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月30日

「意識の部分は日に日に共有できていると思う」

新チームで初出場した岩渕は、今後に向けての課題を口にした。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 日本女子代表は日本時間11月30日、国際親善試合でオランダ女子代表と対戦。遠征先のオランダのハーグで行なわれた一戦は、0-0の引き分けに終わった。

 エースの岩渕真奈は、東京五輪後に発足した池田太監督の新体制では、今回の遠征が初参加。26日に行なわれたアイスランド戦では足首の状態などを鑑みて出場せず。オランダ戦でもベンチスタートとなったが、先発していた田中美南が相手と交錯し負傷。代わって38分からピッチに立った。

 新チームで初めての出場となった岩渕は、「(自身にとって)3週間弱ぶりに試合をして、自分がもっているものを100パーセント出せたかと言われるとそうでもないですが、そのなかで今できることはやれたかなと思います」と語り、試合をこう振り返った。

「自分自身プレーしているなかでも、ゴールを目指しつつも、ゴールが遠かった。点を取らないと勝てない」として、「今日はディフェンス陣は良かったと思う。こういう試合で勝ち切れなかったのは攻撃の選手として、責任も感じますし、もっともっとやるべきことがあると改めて感じました」
 
 チームの変化を感じたものの、世界を知るからこその厳しい目線も忘れていない。

「机上というか、意識の部分は日に日に共有できていると思う。ただ、結局それをいつやるの?というと、今日のようなゲームでしっかりとやれなかったら意味がないですし、個人的な感想として、今日のゲームは勝つべきだったと思う」と悔しさも露わにした。

 今後の目標を聞かれた岩渕はこう語った。

「もちろん毎試合勝って、そのなかで世界一という目標が見えてくるのが理想。自分が当たり前に世界一と言うべきだと思うのですが、正直やるべきことがたくさんあると感じている。

 今日の課題でもある、ゴールに向かうバリエーションだったり、個人個人のゴールへの意識というところから始めて、その先に大きな目標が見えたら良いなと思う。正直、今の段階で自分は世界一をこのチームで目指していますと言うのはまだ少し早いかなと思っています」

 新生なでしこジャパンは世界一を知るエースとともに、さらなるレベルアップを果たせるか。日本は来年1月にインドで開催されるワールドカップ予選兼アジアカップを戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】アーセナルへ移籍したなでしこジャパンのエース岩渕真奈!

【PHOTO】キュートな笑顔がいっぱい! なでしこJの絶対エース、岩渕真奈の厳選フォトを一挙お届け!
 
【関連記事】
「このオランダに勝てないようでは…」熊谷紗希はドロー決着も実力不足を痛感。バイエルン同僚からは迫力不足の指摘も
「絶対にもっとできることはあった」。なでしこ長谷川唯が語る欧州2連戦での課題と収穫
【なでしこサッカー新時代】第6回 塩越柚歩(前編)|「東京オリンピックでは、世界のスピード、強さを感じた」
「破壊力抜群の美しさ」大宮V・仲田歩夢の“美髪ショット”にファン喝采!「めちゃめちゃ綺麗」
「可愛いから綺麗へ」浦和L・猶本光の“エレガントショット”に反響続々!「破壊力ぱねぇ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ