「絶対にもっとできることはあった」。なでしこ長谷川唯が語る欧州2連戦での課題と収穫

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月30日

「アングルを取ること、ポジショニングは少しずつできてきた」

攻撃のキーマンとして、長谷川にかかる期待は大きい。オランダ戦でも高い技術を活かし、好機を作り出していた。(C)JFA/PR

画像を見る

 10月に発足した池田太新監督率いる新生なでしこジャパンが、欧州遠征を実施。11月25日にアイスランド女子代表と対戦し、0-2の敗戦。同29日のオランダ女子代表との一戦は、0-0のスコアレスドローに終わった。

 アイスランド戦に続き、オランダ戦も先発した長谷川唯は、今回の遠征を次のように振り返る。

「なかなか合わせる時間もなかったですけど、それでも絶対にもっとできることはあったと思います。得点は絶対に取らなければいけなかった。すごい課題は残ります」

 オランダ戦に関しては、長谷川自身は持ち前のテクニックでいくつかのチャンスに絡んでいたが、「少し選手間の距離が遠くて、なかなか良いコンビネーションが作れなくて、ゴールが遠かった」と反省の弁。

 もっとも、2試合を通じて収穫がなかったわけではない。

「ボールの運び方とか、ゴールに行く手前のところまでは、全体の共通としてアングルを取ることだったり、ポジショニングのところは、少しずつできてきたのかなと思う」
 
 チームは来年1月、23年のワールドカップ予選を兼ねたアジアカップに挑む。

「本当に厳しい戦いだと思う。アジアの選手だからこそ、少しやりにくさや、粘り強い守備はあると思うので、欧州のチームとは違ったやり方も考えながら挑んでいきたい」

 今回の2連戦は未勝利、無得点。目に見える成果は残せなかったが、それでも少なからず手応えは掴んだはず。攻撃のキーマンとして、かかる期待の大きい長谷川の今後の奮闘に期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】清水梨紗、塩越柚歩、仲田歩夢!試合に華を添える注目の“WEリーガー”を厳選!
【関連記事】
なでしこはオランダとスコアレスドロー。交代出場の岩渕真奈がチャンスを創出も池田新体制での初ゴールは次戦に持ち越し
オランダにドロー決着。勝ち切れずとも、なでしこ池田監督は「規律あるプレー、ハードワークには満足」
メッシが2年ぶり7度目のバロンドールを受賞!レバンドフスキらを抑え、自身の最多記録を更新
「リーグ最大のいかさま師だ」古橋亨梧への“ダイバー批判”に地元メディアが猛反論!「陰謀だ、ばかげている」
なぜ松本山雅はわずか2年でJ1からJ3へ転落したのか? 反町監督後のクラブにビジョンは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ