元日本代表FW玉田圭司が今季限りで引退… 本人の希望で長崎が「11月11日11時11分」に発表

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月11日

23年にわたる現役生活にピリオド

自身の背番号である11月11日の11時11分に引退を発表した玉田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 V・ファーレン長崎は11月11日、所属する元日本代表FWの玉田圭司が今季限りで現役引退することを発表した。

【写真】ブラジルを相手に鮮烈な一発!

 23年間にわたる現役生活にピリオドを打つことになった玉田は今年41歳を迎えた。1999年に千葉・習志野高から地元の柏レイソルに入団し、プロキャリアをスタートさせると、06年には名古屋グランパスへ初の移籍。10年には13得点を挙げてクラブを初のリーグ優勝に導いた。名古屋時代には二度のワールドカップ出場で、06年ドイツ大会ではブラジルを相手に左足で強烈な一撃を叩き込んだ。また10年南アフリカ大会では日本のベスト16進出にも貢献している。

 その後15・16年にはC大阪でプレーするも、17年にはJ2へ降格した名古屋へ復帰し、1年でのJ1昇格にも貢献した。19年からは現在所属するV・ファーレン長崎でプレー。今季は17試合・2得点を記録している。

 玉田はJ1リーグ通算366試合・99得点、J2リーグ通算162試合・34得点、リーグカップ通算31試合・5得点、天皇杯通算31試合・7得点をマーク。また、日本代表としては、72試合・16得点をマークしている。

 なお、引退発表は下記のコメントにもある通り、「昔から11が好き」(『サッカーダイジェスト』Jリーグ選手名鑑より)という本人の希望により、自身の背番号にもちなんで11月11日11時11分に行なわれた。

 クラブ公式ホームページで発表されたコメントは以下の通り。
「突然ですが、私玉田圭司は、2021シーズンをもって現役を引退することを決めました。まずは、今日11月11日11時11分に発表したいという僕のわがままを聞いてくださったクラブにとても感謝しています。3年間でしたが、長崎のサポーターの皆さんの温かさを感じることができました。本当にありがとうございました。そして、これまでお世話になった柏レイソル、名古屋グランパス、セレッソ大阪、日本代表の関係者、ファン・サポーターの方にも感謝の想いを伝えたいです。今シーズンもあと1ヶ月をきり、4試合を残すのみとなりましたが、笑ってシーズンが終われるよう毎日を楽しく過ごしたいと思っています。ありがとうございました」

【関連記事】
今季もファン驚嘆のお洒落ゴールをゲット…41歳・玉田圭司の引退に労いと「まだやれる」の声
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|「ミスしても全然いい」大事なのは自信を失わず、やり続けること
【バイタルエリアの仕事人】vol.6 玉田圭司|“遊び心”ある今季初ゴール。「僕としては良い心理状況だった」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「モチベーションが見つからない」ボカ退団後フリーの37歳テベスはこのまま引退か。「今はこの瞬間を楽しんでいる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ