「強すぎ」「恐ろしい」青森山田が選手権予選・準決勝で22発のゴールラッシュ! 25年連続本大会出場へ王手

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月03日

SNS上でも驚きの声

青森山田が選手権予選の準決勝で大量22得点の完勝を収め、決勝進出を決めた。写真:田中研治

画像を見る

 第100回全国高校サッカー選手権大会の青森県予選・準決勝第1試合が、11月3日にカクヒログループアスレチックスタジアムで行なわれ、青森山田が弘前中央を相手に大量22得点を奪い、決勝へ駒を進めた。

 25年連続での選手権出場を目指す青森の強豪・青森山田は、立ち上がりから主導権を握ると、開始4分にオウンゴールで先制点を奪う。その後も得点を重ね、前半だけで9得点を挙げる。

 後半も勢いは止まらず、13得点を追加し、終わってみれば22-0の大勝。今夏のインターハイで全国の頂点に立った青森山田が、勢いそのままに選手権本大会出場へ王手をかけた。
 
 大量ゴールにSNS上でも多くの反応が寄せられ、「強すぎ」「準決勝でこれはすごい」「サッカーのスコアじゃない。ラグビーかと思った」「恐ろしい」といった驚きの声が集まっている。

 青森予選の決勝は、7日に同スタジアムで実施。青森山田は、現在行なわれている準決勝の第2試合、八戸学院野辺地西対八戸学院光星の勝利チームとファイナルで激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
三笘薫に続く若き才能は現われるか? 近未来にブレイク必至の逸材ドリブラー11人!
前回選手権覇者・山梨学院が県決勝へ!FW茂木イファインがポルトガル武者修行でスケールアップ
青森山田MF松木玖生が「僕が求めるものを持っている選手」に挙げたのは? 「勝負したい」ポジションと課題にも言及
浦和内定の京都橘FW木原励が高校No.1ストライカーと呼ばれる所以は?プロも唸らせる「動き出し」と「成長力」
「頭が良くて、なんでもできちゃう」城彰二が他界した元同僚MFとの思い出を回想「色々なポジションができ、全てハイレベルだった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ