横浜、逆転優勝の目が消える…。果敢に攻め立てるもG大阪の倉田弾で痛恨の0-1敗戦

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年11月03日

圧倒的なボール支配率で攻め込んだが…

G大阪に0-1敗戦の横浜。浦和と引き分けた川崎との勝点差は「13」に広がり、逆転優勝の目が消えた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは11月3日、J1第34節の10試合を各地で開催。日産スタジアムに行なわれた横浜F・マリノス対ガンバ大阪の一戦は、1-0でG大阪が勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

横浜/ホーム 監督:ケヴィン・マスカット
スタメン)
GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:扇原貴宏、岩田智輝、マルコス・ジュニオール FW:エウベル、レオ・セアラ、前田大然
サブ)
GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太 MF:天野純、喜田拓也 FW:水沼宏太、仲川輝人、杉本健勇

G大阪/アウェー 監督:松波正信
スタメン)
GK:東口順昭 DF:柳澤亘、菅沼駿哉、佐藤瑶大、藤春廣輝 MF:倉田秋、福田湧矢、井手口陽介、山本悠樹 FW:パトリック、宇佐美貴史
サブ)
GK:加藤大智 DF:黒川圭介、髙尾瑠 MF:奥野耕平、小野瀬康介 FW:ウェリントン・シウバ、チアゴ・アウベス

 残り5試合で、勝点12差で首位の川崎フロンターレを追う横浜にとっては是が非でも勝利が欲しいゲーム。逆転優勝を狙うトリコロールは、この日も熟練のビルドアップと縦に速い攻撃で相手ゴールに迫っていく。

 圧倒的なボール支配率で攻め立てる横浜は、左ウイングの前田を軸にチャンスを創出。18分にはL・セアラがオーバーヘッドで狙うも、これは惜しくもバーに嫌われる。

 押し込まれながらも粘り強い守備で耐え凌ぐG大阪は、マイボールにした後のアクションが今ひとつ。スピーディに局面を前に動かそうとするが、パスが乱れて思うようなアタックを繰り出せない。
 
 攻める横浜、守るG大阪という構図で試合は推移していくなか、前半はスコアボードが動かず、スコアレスで折り返す。

 迎えた後半、ついに均衡が崩れる。先制したのはG大阪。55分、左サイドから山本が狙いすました鋭いクロスを入れると、倉田がダイレクトで合わせてゴールネットを揺らす。

 ビハインドを背負った横浜は懸命に反撃に出るも、5バックに変更して守りを固めるG大阪ゴールを最後までこじ開けることができず。ホームで0-1の敗戦を喫した。G大阪は勝点40に伸ばし、残留に向けて大きく前進した。

 同時刻にキックオフされた川崎対浦和レッズの一戦は、1-1のドロー決着。この結果、残り4試合で首位・川崎と2位・横浜の勝点差は「13」に広がり、横浜の逆転優勝の目が消滅。川崎が連覇を達成した。

 次節の第35節では、横浜は11月6日にホームでFC東京と対戦。G大阪は同7日に大分トリニータの敵地に乗り込む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
川崎、二度目のJ1連覇達成! 浦和と1-1ドローも2位横浜敗れ、4試合を残して2年連続4度目の優勝
「頭が良くて、なんでもできちゃう」城彰二が他界した元同僚MFとの思い出を回想「色々なポジションができ、全てハイレベルだった」
「クリスチアーノ以外は何もない」“AT弾2発”のC・ロナウドに称賛相次ぐ!「ユナイテッドを悲惨な敗北から救う」
「10年以上もアーセナルに欠けていた」冨安健洋が“天敵”を封じたワンプレーを英絶賛!「この試合で最も印象的」
「スピードとスタミナお化けすぎ」最終ラインから疾走した三笘薫の華麗な“2人抜きロングドリブル”が反響!「正直、レベルが違う」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ