【カルチョ移籍市場・中間総括】ローマ:前線の補強はゼコに続いてセルビア代表の新鋭にもアプローチ

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年07月03日

左SBはアウクスブルクのババにオファー。

バッカとL・アドリアーノを相次いでミランに奪われた前線は、個人合意に達したゼコに続いて、セルビア代表の20歳の新鋭、このミトロビッチにもアプローチしている。 (C) Getty Images

画像を見る

 すでにお伝えした通りマンチェスター・シティのエディン・ゼコと4年契約で合意したローマは、シティに対して向こう数日の間にも正式な獲得オファーを送る見通しだ。
 
 シティはまだ契約が3年残っていることを理由に2000万ユーロ(約28億円)という値札を付けており、ここから譲歩する姿勢は見せていない。どこまで値切れるかはこれからの交渉次第だろう。
 
 前線のターゲットはゼコだけではない。カルロス・バッカとルイス・アドリアーノを相次いでミランに奪われた後、20歳のセルビア代表アレクサンダル・ミトロビッチ(アンデルレヒト)の獲得に動き出している。
 
 1500万ユーロ(約21億円)という値札に対して1000万ユーロ(約14億円)のオファーを用意して交渉を開始しようという状況。アンデルレヒトはすでに後釜探しに動き出しており、サンプドリアのステーファノ・オカカなどがその候補に挙がっている。
 
 ギリシャ代表左SBホセ・ホレバスをワトフォードに放出した最終ラインについては、アウクスブルクのガーナ代表アブドゥル・ラーマン・ババの獲得に向け800万ユーロ(約11億2000万円)をオファーしている。
 
 これに対しアウクスブルグの要求額は1800万ユーロ(約25億2000万円)。最終的な落としどころは1400万~1500万ユーロ(約19億6000万~約21億円)と見られるが、ローマがそこまでの移籍金を積むかどうかはわからない。
 
 もうひとりの選択肢は、オリンピアコスでプレーする元フランスU-19代表のアルトゥール・マスアク。こちらもすでに代理人と話し合いを始めている。
 
 放出については、お伝えしたジェルビーニョ、セイドゥ・ドゥンビア、そしてマッティア・デストロ(ミランからレンタルバック)の行き先に注目が集まっている。デストロにはモナコとウェストハム、ジェルビーニョとドゥンビアの両コートジボワール代表には中国からオファーが届いている状況だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ