U-22日本代表が今年初の国際試合!U-23アジア杯予選で冨樫監督が「間違いなく日本の武器」と語るのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月25日

久々の国際舞台に指揮官も「この2試合は非常に大事」

U-22の冨樫監督にとってカンボジア戦が初陣となる。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 パリ五輪への第一歩となる公式戦にU-22日本代表が臨む。日本は、10月26日にカンボジアと、同28日に香港とU-23アジアカップの予選をJヴィレッジで戦う。

 コロナ禍でこの2年間は東京五輪を除く育成年代の国際大会が軒並み中止になったこともあり、先日発足したばかりのU-22日本代表では初の国際試合となる選手たちも少なくない。

 25日にオンライン上で取材に応じたU-22の冨樫剛一監督は、「自分たちはこの2年間、国内でしっかりとスカウティングし、誰が国際試合で戦っていけるのか、誰がA代表に繋がっていけるのかという視点で選手を選び、トレーニングキャンプを繰り返してきた。今回選んでいる選手たちがピッチ上でその成果を出してくれると信じています」と話す一方で、国際舞台での経験の必要性も次のように語った。

「ピッチの上に立って、プレーしてみて、いつもと違うなというのは間違いなく感じると思います。育成年代で(国際試合は)ここしばらくできなかったなかで、2試合プレーできる。もちろん2試合勝ったうえでですが、どういうものが国際試合だったかというのを、戻った選手たちが自分のチームや周りの選手たちに共有してくれると思うので、だからこそこの2試合は非常に大事なんじゃないかなと感じています」
 
 そんな冨樫監督にとって初陣となる相手は、23日に香港を4-2で下し、勢いにのるカンボジアだ。

 指揮官は対戦相手を「実際に見て感じた通り、本当に良い選手が多いと感じています。向こうの選手が上手いというのはわかっている。ゲームは90分あるなかで、どう自分たちがストーリーを持って勝って終われるのか」と展望。

 さらにU-22日本代表の強みをこう明かした。

「アンダーカテゴリーで積み上げてきたもの、攻守において一体となって戦っていくという部分は、間違いなく日本の武器だと思う。そこに対して積み上げてきたものをピッチ上で活かせるのではないか。自分たちはよりゴールを意識して取り組んできた。攻守の部分はより戦術的に目指すものを見せられると思います」

 若き日本代表はパリ五輪に向けどんなスタートを切れるか。U-23アジアカップ予選のカンボジア戦は26日、Jヴィレッジで13時にキックオフされる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
U-23アジアカップ予選に臨む日本の予想布陣は? J若手の精鋭たちと大学&高校サッカー界屈指のタレントが挑む
U-23アジアカップ予選に臨む日本代表メンバー23人を発表!99年生まれの郷家友太から04年生まれのチェイス・アンリまで
U-23アジアカップ予選に臨む日本の中枢へ!大学No.1ボランチが魅せた圧巻のクオリティ
青森山田のMF松木、柏U-18のDF田中、興國のFW永長…来季“即戦力”候補の加入内定者5選!
青森山田MF松木玖生が「僕が求めるものを持っている選手」に挙げたのは? 「勝負したい」ポジションと課題にも言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ