C大阪が乾貴士の復帰後初ゴールなどで横浜を撃破! 猛攻を耐えて2-1で3試合ぶりの白星

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月24日

ホームチームが前半のリードを守り切る!

C大阪が乾貴士(左)と加藤陸次樹(右)の2ゴールで2位の横浜を下した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは10月24日に、J1第33節の4試合を各地で開催。ヨドコウ桜スタジアムでは、セレッソ大阪対横浜F・マリノスが行なわれ、2-1でC大阪が勝利を収めた。

 12位のC大阪がホームに2位の横浜を迎えた一戦。試合は開始6分にいきなり動く。C大阪の乾貴士が、左サイドから中央に切り込み右足を振り抜くと、シュートが相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 乾の復帰後初ゴールで先制したC大阪は、さらに21分にカウンターから加藤陸次樹が追加点。はやくも2点をリードする。

 逆転優勝を目指す上でなんとしてでも負けられない横浜は、43分にCKから實藤友紀がヘディングでネットを揺らし、1点を返して前半を折り返す。
 
 後半は横浜が攻勢を強める。セカンドボールを拾って縦に速い攻撃から何度も好機を作るも、相手の堅守を崩し切るに至らず、ネットを揺らせない。

 C大阪は終盤も猛攻を受けるも、キム・ジンヒョンのファインセーブなどで同点ゴールを許さず。最後まで1点のリードを守り切り、3試合ぶりの勝利を収めた。一方、横浜は手痛い4試合ぶりの敗戦となった。

 次戦は11月3日、C大阪はアウェーで徳島ヴォルティスと、横浜はホームでガンバ大阪と34節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】乾貴士の10年ぶり復帰弾! 貴重な先制ゴールでC大阪に勢いをもたらす
 
【関連記事】
「VARがあればという気持ちもありますが」2位京都、終盤89分の劇的弾は幻に…痛恨ドロー決着も曺監督「判定にとやかく言うつもりない」
「両SBが攻撃で脅威となった」冨安健洋とポルトガル人左SBのコンビに脚光!「彼らはアーセナルの補強の成功を示す」
「嘘だと言ってくれ」ジュビロFW小川航基の負傷離脱にファンも心痛。「言葉がでない」
【選手権予選】埼玉予選、なぜ優勝候補・昌平はベスト8を前に敗退を余儀なくされたのか
なでしこ岩渕真奈が熊谷紗希との“私服ツーショット”公開!「素敵な写真」と反響

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ