佐藤俊 新着記事

効果抜群だったハリルジャパンの戦略。“理想”に憑りつかれた豪州に、かつての怖さはなかった

 オ-ストラリアの自滅を招いた日本の快勝だった。  日本は41分、浅野拓磨がゴ-ルを決めるまでは失点しないことを優先し、なかなか決定的なチャンスを作れずにいたが、それ以上にオ-ストラリアが低調だった... 続きを読む

【清水】久しぶりに現われた「ギラギラして尖った」逸材。圧巻の突破力でサイドを支配する松原后は、どこまで伸びるのか

[J1リーグ21節]清水3-2C大阪/8月9日/アイスタ 久しぶりにギラギラして尖った選手を見た。  常に飢えているなぁという感じの精悍な面構え。人を射抜くような鋭い眼光。身体全体から何かをやって... 続きを読む

ハリルが犯した痛すぎる失敗――イラク戦の事前準備には小さくない疑問が

 イラク戦は1-1にドローに終わった。  試合は先制点こそ奪ったものの75分頃から全体的に動きが鈍くなり、なんとかギリギリ凌いだという内容だった。失点は川島永嗣と吉田麻也の連係と判断ミスだが、負け... 続きを読む

本田圭佑がインサイドハーフで見せた"新境地"。その姿は、かつての遠藤保仁と重なる

[キリンチャレンジカップ] 日本 1-1 シリア/6月7日/東京 シリア戦は、「いいね」と思える発見があった。本田圭佑のインサイドハーフだ。  後半開始から出場し、最初は久保裕也との交代で右サイドハーフ... 続きを読む

好調・湘南を支える新キャプテン――菊地俊介の断固たる決意とは

 4月9日に行なわれたJ2リーグ8節の東京V戦に3-2で逆転勝ちし、湘南のキャプテン菊地俊介はホッとした表情を見せた。  前節の讃岐戦は0-3で敗れた。スコアよりも湘南らしさを忘れた腑甲斐ない試合... 続きを読む

不可解だった酒井高のボランチ起用。それでも本人が持ち返った「手土産」とは?

[W杯アジア最終予選] 日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉 タイ戦は4-0での完勝だったが、相手が14本放ったシュ-トやPKが決まっていたら、もっと慌てた試合になっていただろう。日本の選手もそれを自... 続きを読む

【日本代表】本田や香川よりも今野が輝いた理由。代表には「任せられる選手」が必要だ

 UAE戦はホ-ムでの屈辱を晴らしたばかりではなく、試合を「任せられる選手」がハッキリと見えたゲ-ムになった。  大迫勇也は、改めて現代表に欠かせないFWになった。前半開始早々にシュ-トを放つなど... 続きを読む

キャンプで見えた”J1勢力図”。好調な神戸や浦和に対し、川崎や札幌は…

 沖縄では川崎、鳥栖、神戸、浦和、札幌、名古屋、東京Ⅴのキャンプを見てきた。その中で今季、J1で優勝争いにも絡みそうな勢いと「やるぞ」という空気を感じたのが、神戸だ。  沖縄では練習試合が1試合も... 続きを読む

【日本代表】ハリルの進退は「世界で勝てるか」どうかで決めるべき。サウジ戦の結果だけで判断するのは危険だ

[ロシアW杯アジア最終予選]日本 2-1 サウジアラビア/11月15日/埼玉 なんかモヤモヤしている。 たしかに大一番とも言えるサウジアラビアに2-1で勝った。勝点3を奪えたことは良かったが、なにか... 続きを読む

【日本代表】引き分けでもNGなサウジ戦、「本田外し」はアリなのか?

 いよいよサウアジアラビア戦である。  首位を行くサウアジラビアと日本との勝点差は3。次戦のサウジアラビアに勝てば勝ち点で並び、負ければ差が6に開く。  サウジアラビア戦後の残り5試合を考えるとUA... 続きを読む

【日本代表】長谷部にかわり得る中盤の黒子――永木亮太という新たな選択肢

 オマーン戦、4-0の勝利はともかく、2得点と結果を出したFW大迫勇也とMF永木亮太がこの親善試合を意味のあるものにしてくれた。  日本のボランチは南アフリカ・ワールドカップの最終予選から長谷部誠... 続きを読む

【日本代表】期待の新戦力・井手口陽介とは何者か?G大阪、リオ五輪での活躍に見る"怪物"の実像

 ガンバ大阪の至宝がついに日本代表入りを果たした。 ハリルホジッチ監督が9月のFC東京戦、10月の新潟戦と自ら視察に出かけ、「井手口はかなり良い仕事をしていた」とご満悦のコメントを残していたこと... 続きを読む

スタイルなきハリルジャパン。日本代表はブラジルW杯以降、空白の時間を過ごしている

 オ-ストラリア戦、1-1のドロ-に終わったが4年間でサッカ-がこれだけ変わってしまうんだなぁとつくづく感じた。日本の「強さ」「スタイル」はどこにいったのか、見えなくなった試合だった。  4年前、... 続きを読む

「ビッグ4」から「ロンドン世代」へ。結果を出した清武、原口、山口らにバトンを渡す時は来た

 イラク戦は「劇的な勝利」だったが内容に乏しく、次につながるかと言えば、そうとは言い切れない。  日本代表に威圧感というか迫力がないし、若いイラク代表に見下されている感すら受けた。実際、イラクはビ... 続きを読む

【日本代表】香川・本田批判に終始するのは危険。むしろ、もうひとつの無風地帯こそ不安要素だ

 アジア最終予選のUAE戦は1点、タイ戦では何度もチャンスがありながら2点しか取れず、決定的なチャンスを外した本田圭佑と香川真司に対する風当たりが強くなっている。ふたりともコンデイションが今ひと... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ