アジアカップ2015

【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「本田がミランにもたらした経済効果を考えよう」

カテゴリ:メガクラブ

マルコ・パソット

2015年01月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズンはバルバラ&ガッリアーニの両巨頭も本田に大満足。

昨春にオープンした「カーサ・ミラン」。ミランの新たなビジネス展開の最前線基地となる。本田はここでも、チームメイトの誰よりも重要なクラブの武器となっているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 さて、この「レディB」ことバルバラが、もうひとりの副会長アドリアーノ・ガッリアーニと犬猿の中にあることもすっかり有名である。テクニカル部門の責任者であるガッリアーニに対抗して、あえて「本田はスポンサーをチームに呼び寄せる、磁石のような存在だ」と公言しているのだ。
 
 バルバラは、世界のどこでもミランのマークが見られるようになることを目標にしている。これまで勝ち取ってきた18のインターナショナルなタイトルのおかげもあって、ミランはマーケティングで、年間約8000万ユーロの利益を上げている。これほどのチームは、イタリアには存在しない。
 
 そんなミランにとって、中東やアジア方面は新たな攻略の地であった。ミランの名前を知らしめ、良いイメージを持たせる必要がある。そこで手はじめに、アラブ首長国連邦に目を付け、エミレーツ空港とスポンサー契約。今回は、大型の契約更新にも成功した。
 
 しかし、その先のアジアの扉も開かねばいけない。その主なターゲットは日本と中国だ。本田は、日本のマーケットの扉を開けることのできる重要な鍵である。その効果はすぐに表われ、オフィシャルパートナーとして、富士通(200万ユーロ)と東洋タイヤ(300万ユーロで2016年まで)が名乗りを上げた。
 
 また、広告代理店の電通ともパートナー協定を結ぶこととなり、これも数百万ユーロの契約となるだろう。さらに昨秋には、日本をリードするトップ企業から25人のビジネスマンが、ミランとの新たな可能性を探るためにカーサ・ミランを訪れている。
 
 さて、本田自身はこういった動向をどう思っているのかといえば、「(自身の加入が)ビジネスのためと思われても、別に俺は気分を害したりはしませんよ」と昨春に語っていた。さらに、「ピッチの外からでもミランを助けることができれば、俺は満足です」とも付け加えている。
 
 本田がまだミランに来たばかりの頃、背番号10(本田が背番号10を付けたのも決して偶然ではなく、これもミランの策略だ)のユニホームの売り上げが、数日で前年のミランのユニホームの年間売上を軽く越えてしまったという。これは驚くべき実績で、もちろんミランとアディダスはホクホクだ(本田自身はミズノと契約しているのだが……)。
 
 本田はファッションであり、トップモデルであり、何より世界中にその顔を知られている。昨夏、シーズン前にミランは長いアメリカツアーに出たが、マリオ・バロテッリの次に、多くのアメリカ人からサインや写真撮影を求められていたのが本田だった。ミランはそのことをよく分かっていて、これを最大限に利用しようと考えているわけだ。
 
 とにかく、今の本田には誰もが満足している。テクニカル部門を統括するガッリアーニ副会長は、彼がピッチでの期待通りの働きをしているのを喜んでいるし、マーケティングを担当するバルバラは、本田のおかげで念願だった日本のマーケットに参入できた。
 
 本田獲得は今のところ、ミランにとって大成功といったところだろう。
 
文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト)
協力・翻訳:利根川晶子
 
Marco PASOTTO/Gazzetta dello Sport
マルコ・パソット
1972年2月20日、トリノ生まれ。95年から『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙で執筆活動。2002年から8年間ウディネーゼを追い、10年より番記者としてミランに密着。ミランとともにある人生を送っている。
【関連記事】
策なし、強さなし、スターなし……あまりに寂しい“地味な”ミラン
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「W杯後に挙げた3つの課題は、どの程度解決できているのか」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「アジアカップ期間中の本田の穴を埋める方法を考えてみよう」
ガゼッタ紙の採点と寸評で振り返るミラン本田圭佑の2014年
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「共通の言語を話すインザーギとの深い信頼関係」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「メネーズは本田に手を貸すことが自分の得にもなることを早く理解すべきだ」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「昨シーズンの本田こそ“出来の悪いコピー”だった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    4月20日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    観戦ガイド
    初心者も上級者も楽しめる
    デイリーガイド&選手名鑑!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24