【J1採点&寸評】G大阪×広島|エースの決勝弾、堅守復活……。今季初勝利の広島で最も輝いたのは?

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2017年04月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G大阪――アデミウソンが前半のチャンスを決めていれば……。

アデミウソンはカウンターで広島の守備陣を脅かしたが、チャンスで決め切れなかった。 写真:川本 学

画像を見る

FW
9 アデミウソン 5.5(75分OUT)
自慢のスピードでカウンターに持ち込み、何度かチャンスを作ったが、スリッピーなピッチに足を取られてシュートを打てない場面も。前半のうちにゴールを奪えなかったのが痛かった。
 
20 長沢 駿 5.5
高さを生かして起点を作るターゲットマンとしてまずまずの出来。ただ、ほとんどペナルティエリア内で勝負できず、“広島キラー”(G大阪移籍後7戦5発)ぶりは影を潜めた。
 
交代出場
MF
38 堂安 律 5.5(62分IN)
オ・ジェソクに代わって右WBで出場。対面の清水を警戒して位置取りが下がったうえ、ボールを持っても1対2の状況を作られて攻めあぐねた。
 
FW
39 泉澤 仁 6(67分IN)
81分、左サイドでふたりを交わしてカットインからミドルシュート。GKの好セーブに遭いゴールはならなかったが、前節から途中出場で存在感を示している。
 
FW
53 赤﨑秀平 5.5(75分IN)
2トップの一角に入り、移籍後最長となる15分間プレー。ただ、攻撃に上手く絡めず、ボールを受けに中盤に下がる悪循環に陥った。
 
監督
長谷川健太 5.5
「1点が遠かった」と悔んだように、アデミウソンのカウンター頼みになってしまった部分は反省点。それでも、根気強く使ってきた泉澤らがジョーカーとして目途が立ち始めているのは好材料か。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24