パラグアイ撃破の要因は「オールジャパンの分析力」。関塚技術委員長が手応えを語る

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃が機能した要因として挙げたのが分析力

西野監督に代わり、技術委員長に就いた関塚氏。パラグアイ戦を振り返り、とりわけ分析力を称賛した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[親善試合]日本4-2パラグアイ/6月12日/チボリ・シュタディオン
 
 日本代表は6月12日の親善試合で、パラグアイに4-2で勝利。ワールドカップ本大会へ向けて弾みをつけた。
 
「点が取れたということは、一歩進めた好材料じゃないかなと思います」
 
 そう振り返ったのは、JFAの関塚隆技術委員長だ。「今取り組んでいる攻撃面、守備面で狙いとしたものを、チームあるいは選手たちがやろうとした結果」だと、確かな手応えを語った。
 
 とりわけ称賛したのが攻撃面で、「縦へのボールが入っていたんじゃないかな」とポイントを口にする。西野朗新体制となっての日本代表は、2試合でノーゴールと攻撃力不足に苦しんでいただけに、4得点という結果を関塚技術委員長も高く評価した。
 
 さらに、その攻撃が機能した要因として挙げたのが分析力だ。「相手の中盤の構成は違いますけど、それもオールジャパンで相手を分析したなかで、どの形で仕掛けていくか、というところ(が表われた)。スイスでも狙いは少し出たんですけど、やはりまだ精度が足らなかったところがあった。しかし今日はパラグアイをしっかりと分析したなかで、攻撃のバリエーション、狙いも出ていたんじゃないかなと思う。このへんはオールジャパンでしっかりと現場で西野監督を支えていくことが大事だと思います」と、全スタッフを日本人のみで揃えた“オールジャパン”の仕事ぶりを強調した。
 
 一方で、2失点したのは課題だろう。関塚技術委員長は「しっかりとそこは修正していくべき点だと思います。とにかく本番に向けてしっかりとやるべきことを、チームとしてやっていきたいと思います」と力強く語った。

【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える

Facebookでコメント

201806150903_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    6月13日発売
    これぞ最終確定版!
    ロシア・ワールドカップ
    出場23か国選手名鑑
    エントリー23人を完全網羅
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月7日発売
    2018ロシア・ワールドカップ
    出場全32か国
    完全選手名鑑
    グループリーグ大展望!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月21日発売
    ロシアW杯出場32か国
    全736選手のプロファイル
    &「夏の移籍」徹底展望
    WCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24