【ルヴァン杯】李忠成の決勝点で浦和が首位突破!大敗のG大阪も2位をキープしてPOステージへ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PKを外したレフティが汚名返上の豪快ミドル!

ペナルティエリア外からミドルを突き刺した李が雄叫びをあげた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァンカップ6節]浦和1-0広島/5月16日/埼玉
 
 ルヴァンカップ・グループステージ最終節の8試合が16日、各地で開催。Cグループでは浦和と広島、G大阪と名古屋が対戦した。
 
 浦和対広島は拮抗した状態が続き、0-0で前半を終了。勝利以外に突破の道がない広島は、後半開始からエースのパトリックを投入して1点を狙いに行く。すると、58分にはカウンターからパトリックが抜け出し、GK西川と1対1に。狙い澄ましたループシュートは外れてしまったが、エースの投入によって広島の攻撃に鋭さが生まれた。
 
 対する浦和は、広島の攻撃を受け止めながら反撃を狙い、66分に阿部勇樹のクロスが相手のハンドを誘ってPKを獲得する。キッカーに立った李忠成のシュートはGK林卓人の好セーブで防がれたが、その10分後に李忠成が汚名返上のミドルを沈めて先制点を奪った。試合はそのまま1-0で終了の笛が鳴り、浦和が接戦をものにした。
 
 一方、G大阪対名古屋は、15分にCKから畑尾大翔がヘディングシュートを沈めて名古屋が先制。20分にG大阪の長沢に同点弾を許すも、24分にバックパスの判定で得たペナルティエリア内でのFKから、最後は内田健太が蹴り込んで再びリードを奪う。
 
 さらにアウェーチームは、41分に児玉駿斗が決めて2点差にすると、後半立ち上がりにも内田が加点して4-1。リーグ最下位に沈む名古屋が、ゴールラッシュでG大阪を下した。
 
 この結果、浦和が1位でグループステージを突破。敗れたG大阪も2位をキープし、なんとかGS突破を決めた。6月2日と9日に行なわれるプレーオフステージでは、浦和は甲府と、G大阪は磐田と対戦する。

 C組の最終順位は以下のとおり。

【Cグループ順位表】
順位 チーム 勝点
1  浦 和 13
2  G大阪 9
3  広 島 7
4  名古屋 6

【浦和1-0広島ルヴァン杯PHOTO】李の一発で浦和がGS首位通過! 広島は突破ならず

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2018-2019
    ヨーロッパサッカー・トゥデイ
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    8月2日発売
    J史上最強助っ人
    アンドレス・イニエスタ
    完全読本
    天才のすべてがこの一冊に!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月25日号
    10月11日発売
    日本代表・総力特集
    中島、堂安、南野──
    新ビッグ3に成り上がれ!!
    クラブダイジェストは湘南!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月18日発売
    総勢62名のエキスパートが投票!!
    U-29限定ポジション別
    「タレントランキング」
    次代トッププレーヤーの新序列
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24