曲がり落ちる魔球!! GKも思わず逆を突かれる千葉FWの衝撃ゴラッソがJ2ベストゴールに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GKに向かって行った弾道は急激に右へ曲がりながら急降下

町田戦で衝撃的なミドルを決めた船山。町田に今季初黒星をつけるゴールとなった。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J2の最高評価は、千葉FWの衝撃的なドライブショットに与えられた。

 DAZN公式ツイッターは4月16日に、J2・9節のDAZN週間ベスト5ゴールを発表。1位には、ジェフ千葉対FC町田ゼルビア戦で生まれた、千葉FW船山貴之のゴールを選出した。


 圧巻の“ゴラッソ”が飛び出したのは2対1と千葉が1点をリードして迎えた80分。敵陣左サイドでボールを受けた船山は、敵DFとの間合いを詰めながらゴールまで約30メートルの地点から思い切りよく右足を振り抜く。放たれたシュートは、いったんはGKの方へと向かうかに見えたが、急激に右へ方向転換。同時に弾道は急降下しながらゴールネットに突き刺さった。対峙した町田GKの高原寿康も思わず逆を突かれてしまうほど、鋭い変化を伴ったドライブショットだった。

 このゴールで千葉はリードを2点に広げ、直後に1点差に追い上げられたものの、千葉が3対2で勝利。船山のゴールが町田に今季初黒星をつける決定的なゴールとなった。
 
 その他、ランキング入りしたゴールでは、今季湘南から愛媛に移籍したU-21日本代表MF、神谷優太の直接FK弾が2位にランク。3位もやはり、首位・岡山の上田康太が決めた直接FK弾。また4位には山形・中山仁斗のダイビングヘッド、5位は水戸・岸本武流の弾丸ヘッドが選出されている。

 J2は、1週間のインターバルを置いて4月21日・22日に10節を開催。今週末には、どのような“ゴラッソ”が生まれるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    7月19日発売
    永久完全保存版!
    ロシアW杯
    大会総集編
    全64試合を徹底レビュー
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月26日号
    7月12日発売
    総力特集
    躍進!! 日本代表
    世界16強の軌跡
    乾&集合写真ポスター付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月19日発売
    ロシアW杯
    出場32か国の
    通信簿
    欧州開幕直前企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24